日本に帰国してから英語を教えられる資格をとろう

英語教師・児童英語教師コース


教える対象年齢に合わせて、現地には子どもに教えるコースと大人に教えるコースで分かれています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「児童英語教師・小学校英語教師養成コース」(TEC・J-Shine Program)

英語教師養成コース 英語教師コース2


4週間から受講できるDiplomaプログラム。最近、短期でDiplomaを取得したい方に人気なのが、このTECプログラム(児童英語教師養成コース)です。

現地で開講されている子どもに英語を教えるためのコースには、以下のの3種類があります。

  • TEC(児童英語教師養成コース)
  • J-Shine(小学校英語指導者資格取得コース)
  • TESOL-C(児童英語教師養成コース)


それぞれのプログラムによって、また学校によってプログラムの期間が変わってきますが、TECの場合は4週間程のプログラムになります。 J-Shineプログラムは、4、6、8、12週間、TESOLプログラムは、8-12週間ほど(8週間授業+4週間の教育実習)になっています。

どのプログラムも、子どもの心理学や言語学の基礎、カリキュラム・レッスンプラン・教材の作り方、アクティビティーの活用方法、評価・訂正方法、フォニックス・発音矯正、また、低学年・中学年・高学年など、それぞれの年齢にあわせた教授法など、幅広く学んでいきます。

最近日本でも話題になっているJ-Shineプログラムは、TEC (児童英語教師養成コース)に加えてJ-Shine 小学校英語指導者資格取得コースを組み合わせたもので、日本のJ-Shineという団体認定の資格取得を目的としています。基本的には、授業を終了した時点では、J-Shine準資格を取得可能で、その後、現地のデイケアセンターなどで、50時間以上の実習を完了された場合は、正資格の申請を行えるようになっています。中には、カリキュラムの中に多くの実践レッスンと研修が含まれていて、6週間で正資格取得可能な学校もあります。

J-shineプログラムについては、英語での授業、日本語での授業をそれぞれ英語力に合わせて選んでいただけて、最短4週間から受講可能なので、帰国前に日本で使えるスキルを取得したい方に、一番人気のプログラムです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


「英語教師養成コース」(大人に英語を教える)

英語教師養成コース

TESOL Programは、大人向け、中学生から高校生などのジュニア向け、子ども向けなど、教える対象年齢に合わせて細かく分かれています。

ほとんどのプログラムが8週間の授業+4週間の実習でカリキュラムが組まれています。

授業では、教える対象年齢にあわせた英語教授法、レッスンプランの立て方、教材の選び方やクラスのマネージメント方法など、幅広く学ぶことができます。

また英語レベルに自信がない方などを考慮異して考えられた、TESOLプログラムを受講する前に受講できる「準備コース」、将来英会話学校を開講したい方などのために、学校の運用・経営などが学べるプログラムなども受講が可能になっています。このプログラムでは、学校の運営についてだけでなく、教師のトレーニングや採用方法についての知識を学ぶことができるので、TESOL Programを受講された後に、合わせて受講される生徒さんがとても多く、人気です。

TESOLプログラムは、教える対象年齢にあわせて細かく分かれていますが、TESOL、TESOL for Children、教育実習を効率よく組み合わせたプログラムもあり、幅広い年齢層を対象とした英語の先生になりたいという方のキャリアアップに役立つコース内容になっています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


「Cambridge TKT(Teaching Knowledge Test)
ケンブリッジ大学英語教授能力テスト」


このプログラムは、TKT(Teaching Knowledge Test)という、ケンブリッジ大学英語教授能力テストの受験が含まれており、英語教授法をしっかりと学ぶだけでなく、世界で通用するケンブリッジ大学認定の資格取得のためのテスト(TKT)も受験できます。

世界中のどの年齢の方にも教えることができるので、英語教師を目指す方々にとって、とても有意義なプログラムです。


キャリアアップを目指して日本で既に教師をされている方や教職コースを受講されている方もそれぞれのコースを組み合わせて受講されています。日本帰国後、子供に英語を教えたりするる目的で初めてこのようなコースに挑戦される方もいます。この様に様々なニーズに合わせて受講することが出来るので幅広い人気のプログラムになっています。


>>>>> 受講生の体験談はこちら

詳しくは、無料オンラインカウンセリングで、現地日本人カウンセラーにお問い合わせください。