学校体験談(一般英語・ESLコース)

ESLバーナータイトル

カナダで実際に学校に通ったみんなの感想を紹介しています。
下の写真をクリックして覗いてみよう・・・!?

ちびかなだ短期バーナー

↓カナダで短期留学された方のちびかなだ・学校体験談 (写真をクリック)


ちびかなだESLバーナー

↓カナダで留学・ワーホリ 語学学校体験談 (写真をクリック)


●[ILSC ]
ESLコース (フルタイム)

mikitakashinal写真1 Miki Takashina
出身地:熊本県
25歳
学生ビザ
一般英語+医療英語コース


「カナダに留学して英語を学ぶなら、将来薬剤師として働く時に英語を活かしたい」

mikitakashina写真2 mikitakashina写真2


「カナダに留学して英語を学ぶなら、将来薬剤師として働く時に英語を活かしたい」
そんな思いで渡加した私が選んだ学校は、医療英語コースがあるILSCでした。しかし、医療英語が選択できるのは英語がある程度話せる中級クラスから。カナダに来たばかりの私は受講できなかったので医療英語受講できるレベルになるまで一般コースから受講をはじめました。ILSCの一般コースはとてもバラエティに富んでおり、コミュニケーションやライティングに特化したクラスはもちろんのこと、ヨガクラスやアートクラス、ショートドラマやCMを作るクラスなど、長期間学校に通っていても飽きないほど!!
現に私は10ヶ月ILSCに通いましたが、たくさんのクラスを受講することができ、とても充実した学校生活でした。ILSCはとても大きな学校なので、生徒もたくさんおり、いろんな国のいろんな人種の人たちと友達になることができました。
ILSCに通い始めて5ヶ月目で、念願だった医療英語を受講することができました。医療英語クラスは3ヶ月コースで、3ヶ月間、医療に特化したボキャブラリーや言い回し、医療従事者(医師/薬剤師/看護師など)役と患者役でロールプレイをしたりと、医療現場に活かせる英語が身につけられたと思います。最初は授業についていくのに必死で、生徒の中には医師免許を持った人もいたり、深い話についていけないことも多々ありました。しかし、他の国の医療システムや、治療方法、医療従事者がどのように働いているかなど、授業を通してたくさんのことを学ぶことが出来ました。1週間に1回の頻度であったプレゼンテーションでは、日本ではめったに聞かない疾患について、自分達で調べて発表するので、とても大変でしたが、興味深いものばかりでした。10ヶ月間のILSC生活は、私にとってとてもかけがえのない時間になったと思います。帰国後は薬剤師としてILSCで学んだ英語を活かして働けたらいいなと思っています。


●[Inlingua ]
ESLコース (フルタイム)

ryujiesl写真1 Ryuji Okumura
出身地:大阪府
19歳
観光ビザ


「機会があれば、またカナダに行きたいです。!」

ryujiesl写真2 ryujiesl写真2


春休みの3週間、inlinguaに通いました!
Inlinguaはスピーキング中心の学校で、授業の中で、たくさん英語を話す機会がありました。はじめは、あまり積極的に発言できなかったのですが、南米の人たちがとても積極的に、発言しているのに引っ張られ、次第に積極的に発言できるようになりました!学校には、様々な国籍の人たちがいて、文化の違いなどいろいろ知ることができて面白かったです。例えば、発音の違いには驚きました!南米やヨーロッパの人たちと話すと、英語の発音がアジア系の人たちととても違い、すごく聞き取るのが難しかったです。こういうところにも文化の違いがあるのだなと思いました。inlinguaの先生はとても気さくで面白かったです!週末には、バンクーバーの近くにあるシアトルやウィスラー、ビクトリアにも行きました。バンクーバーとはまた、雰囲気が異なり、とても楽しい旅行でした!3週間という短い期間だったのですが、ホームステイで現地の生活を体験出来たり、様々な国の人たちと話したりと、日本にいてはできないような経験や、沢山の出会いがあり、本当に楽しかったです!機会があれば、またカナダに行きたいです。ありがとうございました!


●[Gloval Village ]
ESLコース (フルタイム)

miyuyashir写真1 Miyu Yashiro
出身地:千葉県
20歳
観光ビザ


「思い切って短期留学して本当に良かったです!」

miyuyashiroi写真2 miyuyashiroi写真3


私がGVを選んだ理由は、先生の評判が良い事、国際色豊かなこと、アクティビティが充実している、ということでした。どの先生も明るくて気さくな先生でした。特に午前のクラスの先生が面白くて、クラスメイトをよくいじったりしてて楽しくて大好きでした。私のクラスメイトには、日本人、韓国人、中国人、メキシコ人、コロンビア人、サウジアラビア人がいました。春休みの時期だったので、日本人の割合も多かったですが、色々な国の文化を知れたり、その国特有の英語のなまりなどもあって、耳が鍛えられたと思います。GVはほぼ毎日アクティビティがあっていて、バンクーバーの色々な所へ連れて行ってもらえました。アイスホッケーの試合はお祭りのようで、応援がとても激しかったです(笑)アクティビティに参加すると、嫌でも友達が出来るので、私のような人見知りの人には参加を強くおススメします。レストランで行われたパーティが特に私は楽しかったです!学校に通い始めた当初は、友達は出来ないし、クラスメイトはガンガン発言するし、全て英語なので脳が疲れるしで、正直つらかったです。でも4週間通って、友達もたくさんできたし、楽しい思い出がたくさんできました。思い切って短期留学して本当に良かったです!


●[EURO CENTERS ]
ESLコース (フルタイム)

ainagai写真1 Ai Nagai
出身地:長野県
26歳
ワーホリビザ


「最初のころに比べて圧倒的に聞き取る力がつきました。」

ainagai写真2 ainagai写真3


私はこのユーロセンターで英語の勉強をしました。日本では仕事に追われ忙しい毎日を過ごしていたので”人生の夏休みを謳歌しよう!”という安易な気持ちでこっちに来た私は自分が英語が苦手だったことも忘れ、何の準備もしてこなかったため最初の頃は先生もスタッフも全く何を言っているのか聞き取れず何度も何度もダメかもしれない…と心が折れそうでした。


しかし先生方やスタッフはとても優しく、私が話し終わるまで待ってくれたり分かりやすいようにゆっくり話してくれたりしてくれた為、安心して学校生活を送ることが出来ました。またクラスメイトも国際色豊かで、少人数(10人程度)&クラス替えが少なかったため人に溶け込むことが苦手な私でも、すぐに仲良くなることが出来ました。学校自体がそこまで大きくなく、とてもアットホームな学校のため色々な人と会話する機会がため、友達を沢山作りたい!という方にはとてもオススメだと思います。思ってる事を上手く伝えられずに落ち込んだときも、ホームシックでめそめそした時もいつも気にかけて明るい言葉をかけてくれたクラスメイトには、感謝の気持ちしかありません。授業は、文法をメインの時間を2コマ行った後、スピーキングやボキャブラリーを増やす会話等がメインの2コマがコアクラスとなっており、ランチの後は各々が伸ばしたい部分のコースを選択するという形です。私は正確な発音とfluentな会話力を伸ばすコースを選択しました。


たまにどうしても学校に行くのがしんどくなった時はちびのオフィスに来て弱音を聞いてもらったりできたのもすごく心強かったです。(笑)終わるころに一番感じたことは、リスニングの力がついたなということ。先生が何を言っているか聞き取るのに精いっぱいだった最初のころに比べて圧倒的に聞き取る力がつきました。話す方はまだ私の伸びしろということで…!笑 毎週金曜日に卒業式があり、皆の前に立って短いスピーチをするのですが最後は感極まって泣いてしまいました。せっかく皆と写真を撮ったのに、ひどい顔で写っているのが少し心残りです。笑 2ヶ月はとても短く、まだまだ勉強したいなというのが正直な気持ちですがこの学校を選んで本当に良かったと思います!!


●[SELC ]
ESL+有給バイトコース (フルタイム)

chibicanada写真1 Masahiro Maeda
出身地:広島県
22歳
ワーホリビザ


「世界各国にかけがえのない友達を作ることができました」

chibicanada写真2 chibicanada写真3


SELCのワーキングホリデープランを利用して、7月から5ヶ月程アルバータ州にある、キャンモアという自然に囲まれた小さな町でホテルのハウスキーパーとして仕事をしていました。英語でコミュニケーションを取らなければいけない環境に身を置くことができ、自分自身の英語力のブラッシュアップに繋がりました。英語力のアップだけではなく、世界各国にかけがえのない友達を作ることができました。

chibicanada写真4 chibicanada写真5


仕事中には、同僚が働いている部屋にこっそり侵入してお互いに相手を驚かし合っていました。(これでも真面目に仕事をしていました。)仕事外では、男同士で部屋に集まってほとんど毎日恋バナをしていたのを、今でも覚えています。
ネイティブ、ヨーロピアンなど世界各国から集まった同僚と、仕事だけでなく、仕事外でも生活を共にするという一生忘れることのできない貴重な経験になりました。来年キャンモアにまた戻ってくる予定です。来年戻ってくるのが、今からとても楽しみです!


●[LSI ]
ESL(OL短期語学留学)

chibicanada写真1 Ayumi Okubo
出身地:神奈川県
25歳
観光ビザ


「私は2週間という短い期間でがっつり勉強という事ではなかったですが、とてもいい機会になりました。」

chibicanada写真2 chibicanada写真3


私は2週間というとても短い間留学を経験しました。
しかし行く決意をしたのは約1ヶ月前。そんなぎりぎりに受けてくれるところはあるものかと探していました。日本のエージェント等に話を聞きながらネットでの現地のエージェントも調べていました。現地のエージェントは安いというメリットはあるもののやはり実態は分からないし数が多くどこを選べばいいのかという不安もありました。 そんな中でちびかなださんを選んだのはHPの「無理なく、楽しく、のびのび留学」という言葉に親近感を持てたこと生徒さん達の感想にもあたたかさを感じたからです。最初は問い合わせだけでも、、と恐る恐るメールを送りました。このワンクリックは正解でした。
返事もとても丁寧で、時間が無いとすごく焦って心配していましたが、焦らせたりせず考える時間もくれながら細かい事情も教えて下さいました。例えば学校も雰囲気やレベル等の好みに合わせて提案してくれたりもちろん自分で調べて気になった学校に関しても現地の声として教えてくれるので自分にあった学校を探せると思います。ちびかなださんにお願いすると決めた後も来るまでの準備や現地に来てからの事もしっかり教えてくださったのであまり不安はなかったです。現地に着いてオフィスにきてみても笑顔で迎えてくださってアットホームなオフィスでとても安心しました。ホームステイに関しても事前にしっかり情報ももらえて助かりました。私は2週間という短い期間でがっつり勉強という事ではなかったですが、とてもいい機会になりました。カナダの人はとても優しいですし、色んな国の人と触れ合える、すごく魅力的な場所だと思います!ちびかなださんのオフィスの皆さん、学校で会った友達、ホームステイの家族、みんなのおかげでとても楽しく充実した日々を過ごせました。本当にありがとうございました!!


●[Kaplan ]
ESLコース (フルタイム)

keisukek写真1 Keisuke Fujimoto
出身地:広島県
28歳
ワーホリビザ


「語学学校では一番下のクラスから始めました」

keisukek写真2 keisukek写真3


日本で整骨院で働いていた時にイギリス人の患者さんに会い、何を言っているのか分からず、きちんと治療できなかったのがきっかけで、カナダに来ることを決めました。日本では何も勉強せず来たため、来た時は何も話せない状態でした。なので語学学校では一番下のクラスから始めました。KAPLANはEnglish Onlyが厳しいのが大変だろうと思っていましたが、実際に入ってみると、英語が話せなくてもそれで困ることはありませんでした。話せない人でも1週間いれば慣れると思います。
24週間勉強しましたが、今では友人との会話で困ることは少なくなりました。アクティビティも充実していて、ヨガやウォーキングからスラングやイディオムを学ぶものまで多岐に渡っています。KAPLANは他の学校に比べて、年齢層が少し高く、全体的に落ち着いた雰囲気なので、勉強を頑張りたい人には、向いていると思います。インターネットに独自の教材もあるので、自習に困ることもないです。クラスの中で話す機会が多かったのは、スピーキングを伸ばすために良かったと思います。
今後は、鍼灸師と柔道整復師の経験を生かして、マッサージの仕事をしようと思っています。


●[Global Village ]
ESLコース (フルタイム)

reiyokomizo写真1 R.Y
出身地:福岡県
23歳
ワーホリビザ


「まったく喋れなかった英語でしたが、今では意思疎通できるようになりました」

harukayoshida写真2 harukayoshida写真3

GVが楽しすぎたので、帰国します!
学校初日は全く喋れず、聞き取れず、理解できずで少し不安になりそうでした。ですが、学校に通いだすと、友達もたくさんでき、週末は毎週みんなで遊びに行きました。GVは素晴らしい先生方が多く、同じ質問を何度しても、真摯に対応してくれました。
雰囲気の作り方も上手く、とても会話しやすい環境です。
初めてカナダの来たとき、「How old are you?」も理解できない私でした。今では国籍の違う友達とジョークを言い合ったり、パーティに行ったり、楽しく過ごしています。特に仲良くなったのが、サウジアラビアの友達たち!英語が出来ないながらも、ノリを大事にして、たくさん話しかけました。英語が難しいと言いながらも話しかける姿に、友達にも驚かれました。クラス・学校では先生にもいじられるようになりました。来たときは「Just kidding」も「???」だったのが、今ではジョークにジョークで返せるまでになりました。
6ヶ月通い、まったく喋れなかった英語でしたが、今では意思疎通できるようになりました。ワーホリビザで入国しましたが、学校生活が楽しすぎて、カナダ生活に満足したので、仕事はせずに帰国します!次はビジネス英語を目指して必ず戻ってきます!!


●[Van West College]
VanWest(フルタイム)

harukayoshida写真1 Haruka Yoshida
出身地:千葉県
28歳
ワーホリビザ


「最後は卒業するのが嫌なくらい大好きな学校でした」

harukayoshida写真2 harukayoshida写真3

私は学校に5ヶ月通いました。当初は3ヵ月の予定でしたが、授業が楽しいことと、自分の英語スキルをより伸ばしたくて、延長しました。学校には色々な国の生徒がいます。日本では、出会ったこともないブラジルやサウジアラビア、コロンビアの友達ができ、英語だけではなく、それぞれの国の文化を学ぶことができました。私がいた時ちょうどカルチャーデイという文化祭のようなものがあり、それぞれの国が自国の料理を持ち寄ったり、音楽を流したり、踊ったりしたことが、とても思い出深いです。
アクティビティが毎日あり、他のクラスの生徒や先生と関わることができます。正直テストは毎週金曜日、宿題も毎日あり、大変なこともありましたが、1週間で切り替えるシステムが自分に合っていたこともあり、今ではこの学校に行ってとても良かったと思っています。頑張ったら、頑張った分、上のレベルに行けます!学校には日本人カウンセラーもいるので、英語で相談することが難しい時は心強い存在でした。
先生方はとてもフレンドリーで相談や質問にいつでも快く応じてくれます。最後は卒業するのが嫌なくらい大好きな学校でした。


●[Kaplan PLI School]
Kaplan(フルタイム)

tomokonojima写真1 Tomoko Nojima
出身地:東京
34歳
観光ビザ


「コミュニケーションをとりたい気持ちがあるから学ぶ。それが楽しくて、英語を学ぶ意欲になる」

shihokaizuka写真2 shihokaizuka写真3

2週間の短期間でお世話になりました。ちびかなださんに、落ち着いて勉強できる学校、国籍の異なる人たちとのコミュニケーションがとれる環境をリクエストし、KAPLANとホームステイをご紹介して頂きました。滞在の感想は、一言で言うと”Heartwarming" なものでした。学校の仲間、先生達はとてもフレンドリーで親身になって話してくれましたし、ステイ先の22歳のパパもいつも笑顔で色々なことを教えてくれました。バンクーバーは外国人を受け入れるオープンな雰囲気があり、どこへ行ってもHAPPYに過ごすことが出来ます。海と街と山が近く、自然に触れられるのも魅力です。そんな街で出会えるステキな人たちと”話したい””伝えたい”と思うから自然に英語力もUPさせられると思いました。

shihokaizuka写真2

私は2週間という短期の留学でしたが、当初考えていた”英語を学ぶモチベーションを高める”という目的は十分に果たせたと感じています。ただ、1つ気づいたことは、当たり前ですが、”学ぶ”ということ自体が目的ではなく、コミュニケーションをとりたい気持ちがあるから学ぶんだということ。もっと色んな人とコミュニケーションがとれたら、、、それが楽しくて、英語を学ぶ意欲になるんだな、ということでした。そういったことに気づかせてくれたちびかなだスタッフの方々、バンクーバーで出会った人たちに心から感謝します。本当にありがとうございました。


●[VGC Language School]
Global English Plus Program(フルタイム)

shihokaizuka写真1 Shiho Kaizuka
出身地:千葉県
学生ビザ


「VGCに決めて本当に良かった!!せっかくなら楽しく学びたいと思っていた私にはぴったりの学校でした。」

shihokaizuka写真2 shihokaizuka写真3

VGCを一言で言うと『にぎやか!!』 とても楽しい学校です。
放課後のアクティビティはもとろん、授業中も休み時間もにぎやか!!
私は3ヶ月間VGCに通っていました。クラスは1週間に3種類。選択クラスもあり、自分の弱点強化にはもってこいのクラスでした。どの先生もとても親切で、質問はもちろん、宿題、テストのフィードバック、アドバイスなども親身になって伝えてくれます。授業は受け身型ではなく、参加型の授業なのでSpeakingの機会も多いです。また、ゲームも授業中にします。ゲームはスポーツと一緒で言葉関係なく楽しめます。ゲームがきっかけでクラスメイトが一つにまとまることも多々ありました。自分の国のゲームをクラスメイトや先生に英語で説明したことはとても良い勉強になったと共に、そこから一緒に楽しんだ時間は忘れられない。放課後はアクティビティを全力で楽しむのもVGCの特徴です。スポーツや観光ももちろんですが、VGCは先生との飲み会もあります。テスト終わりに先生たちとPUBへGO!! PUBのフロアがVGC化しきり状態なんてことも! あ、PUBへ行くアクティビティがあった日のうちのクラスの宿題は”ビールを飲むこと”だったことも!!笑 PUBでどんどん友達が増えたり先生とも普段話せないことを話したりもしました。VGCは数ヶ月に一度 School Tripがあります。私はそれで Real Canadian Campingに参加しました。ガチなCampingです。キャンプ場まではカヤックで約2時間かけて行きます。キャンプファイヤーを囲んで、ステーキを食べたり、ダンスしたり、夜にみんなで海に入ったり…日本では味わえないことだらけです。夜、カヤックして素敵な星空を見たことは一生の思い出☆VGCに決めて本当に良かった!!せっかくなら楽しく学びたいと思っていた私にはぴったりの学校でした。


●[Camosun College]

hikaruwatanabe写真1 Hikaru Watanabe
出身地:埼玉県
学生ビザ


「最初の頃は、先生の話す英語が速くて、使う単語も難しく、就いていくのが大変でした」

hikaruwatanabe写真2 hikaruwatanabe写真3

私はCamosun Collegeで現在Business AdministrationのAccounting Optionをとっています。このCollegeに入る前には半年間一般のESLに通い、その後3ヶ月FCEのコースをとり、そして3ヶ月間IELTSを勉強して、IELTSで6.5を取ることに成功し、English assessmentなしでCamosun Collegeに入学することができました。
最初の頃は、先生の話す英語が速くて、使う単語も難しく、就いていくのが大変でした。でも、先生方はとても優しく、授業後わからないところを聞きに行くと、丁寧に教えてくれて、何とかついていくことができました。今では大分慣れて、授業の内容も問題なく理解でき、現地の学生と教え合えるようになりました。先生方の親切な対応と、授業のQualityには本当に満足しています。
私がCamosun Collegeを選んだ理由は、Victoriaという町の治安の良さと、クラスが少人数だったからです。最初は、SeattleのCollegeに行こうとしていたのですが、実際に現地に見学に行ったところ、治安が悪く、Campusも廃れていて、行くことを取りやめました。そして、ちびかなだに相談したら、Camosun Collegeを紹介され、実際に訪れてみて、気に入ったので、行くことに決めました。Camosun Collegeを選んで本当に良かったと思います。

hikaruwatanabe写真2 hikaruwatanabe写真3



●[ILAC ESL]

ssatsukifuruta写真1 Satsuki Furuta
出身地:熊本県
観光


「日本では出逢うことのなかったはずの人たちとの出逢いは何よりも大きな私の「得たもの」」

shunichiohsumi写真2 satsukifuruta写真3


1ヶ月という短い期間でしたが、とても充実した1ヶ月でした。高校時代から望んでいた留学が今回このように実現できたことが本当に嬉しかったです。
私が通ったILACはとても大きく、人数も多いためクラス替えが2週間に1度あるので、メンバーの入れ替えが激しく、知り合いを作りやすかったです。おかげで、たくさんの友人を作ることができました。また、私のクラスは授業中に母国語を話していると、先生からプチペナルティのようなものを与えられるので、英語を勉強するという意識を常に保てる環境でした。レベルとそれに伴うクラスの数も多いため、自分に合ったレベル、クラスでの勉強が可能です。この1ヶ月で英語力はそこまで上げることはできていないと思いますが、自分が思っていたよりも下手な英語でもなんとか伝えることは出来るのだとわかり、何事もやってみないと始まらないのだと改めて感じました。また、英語力のみでなく、海外の友人、日本では出逢うことのなかったはずの人たちとココで出逢えたたことは何よりも大きな私の「得たもの」でした。
何も分からず、勢いでここまで来た私が1ヶ月無事にやってこれたのは、Misaさんを始めとするちびかなだの皆さんのおかげです。本当に心に残る留学となりました。ありがとうございました。


●[SELC ESL + ワーホリスペシャル]

shunichiohsumi写真1 Shunichi Ohsumi
出身地:広島県
ワーホリビザ


「目標は『 現地の洋食レストランで働く事 』!」

shunichiohsumi写真2 shunichiohsumi写真3


SELCのESLコースを8週間、その後、学校のインターンシッププログラムを利用して7ヶ月間の就労を経験しました。ESLのクラスは1つのクラスに担任の先生が1人で全ての授業を一貫して受け持ってくれるスタイルでした。その為、僕のクラスでは気軽に先生に質問でき、時には先生を含め楽しく雑談したりと、とてもリラックスして授業を受けることが出来る環境でした。もちろん重要な部分はしっかり教えてもらえるし、理解できない部分は理解できるまで熱心に説明してもらうことができました。
その後、本来の目標である『 現地の洋食レストランで働く事 』。それが可能と聞き、学校でのワーホリスペシャルを利用することにしました。面接を経て、アルバータ州のグランドプレーリーという小さな町のカナディアンレストランへの就職をし、日本人は自分1人という環境でシェフとして働き、お金も貯めることができました。そこでは約7ヶ月間働き、英語だけでなくカナダ文化、カナダの食文化など様々な価値ある経験と沢山の仲間と出会うことが出来ました。ワーホリスペシャルでは難しい様な職場での就職が可能になる、とても魅力的なプログラムで、完全なる英語環境に身を置きたい人にとっては特に貴重なプログラムです。就職担当の先生は本当に腕利きなので間違いありません。是非期間中にインターンに参加する事をオススメします!


●[Inlingua 春休み短期留学]

misaohkubo写真1 Misa Ohkubo
出身地:千葉県
観光ビザ
2週間


「はじめて来た私も温かく迎えてくれて嬉しかったです!」

misaohkubo写真2 misaohkubo写真3


私は2週間という短い間でしたがとても楽しくInlinguaに通うことができました。全く勉強せずカナダへ来たので、初日に先生方の言ってることがわからず、一言もしゃべれず、こんなんで楽しいSchool Lifeを送れるのか??!とすごく不安になりました。でもMisaさんにアドバイスを頂き、次の日から先生の目の前の一番近くの席に座り、とにかく先生の言っていることを理解しようとじっと聞くようにしました。すると少しずつですが理解することができ、質問もできるようになりました。毎日先生にHomeworkで出た質問をして、その後昨日の出来事を話すようにしました。先生も間違いを直してくれたり、わかりやすいようにゆっくり話して下さって、とても嬉しかったです!!ちびかなだのパーティーにも参加でき、はじめて来た私も温かく迎えてくれて嬉しかったです!!たくさんゲームをしたり、持ちよったおいしいごはんを食べたり、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。英語はあまり喋れませんでしたが、Lunchの時に色々な人に話しかけるようにしていたら、少しずつ友達ができ、2週間後には学校でたくさんの人にGood morning!!と声を掛けられるようになりました。私自身もこんなに楽しいSchool Lifeを送れると思っていなかったので、Inlinguaを選んで良かったですし、ちびかなだを選んで、Misaさんと出会えて本当によかったです!!また機会があれば戻ってきたいです。ありがとうございました!!


●[CSLI 春休み短期留学]

rikoyoshikawa写真1 Riko Yoshikawa
出身地:大阪府
観光ビザ
3週間


「短期間でもすごくいい思い出に残ることがたくさん!」

rikoyoshikawa写真2 rikoyoshikawa写真3


学校選びは色々は所を見たのですが短期なので勉強がたくさんできて楽しい学校が良いなと思いCSLIを選びました。CSLIでは色々な人とコミュニケーションが授業でもとれ、話すことが多くてとてもよかったです。休憩時間になると友達と話したり、金曜日には自分でアクティビティを選んで参加できます。
そのあとに私はホームパーティーに行ったり友達と遊んだり、すごく勉強しながら楽しい時間を過ごすことができました。
学校ではクラスのみんなでmovieを作って、Student Festival、Graduation Partyの時にみんなで映画観で観てすごく楽しくて良い経験ができました。短期間でもすごくいい思い出に残ることがたくさんあり、たくさん学びました。ホストファミリーの方にも沢山教えてもらいすごくいい留学生活になったなと思います。


●[Inlingua 春休み短期留学]

Sayakasasajima写真1 Sayaka Sasajima
出身地:神奈川県
観光ビザ
2週間


「想像以上に得られたものは大きかった!!」

Sayakasasajima写真2 Sayakasasajima写真3


私は2週間とちょっとという、短い期間の留学でした。しかし、想像以上に得られたものは大きかったです。 インリングアを選んだ理由はスピーキング中心の授業と聞いたからです。しかし、自分で選んだとは言え、私はなかなか思ったことをうまく伝えられなくて、会話を続けることが出来ず、かなり悩みました。しかし、話す機会がたくさんあり、先生や友達が温かく見守ってくれました。また、英語が耳に慣れたのか、次第に先生の言ってることもすんなりと聞けるようになりました。 語学学校にはいろんな国の人や、魅力的な人がたくさんいて、常に刺激をもらえました。長期滞在の人も多かった印象でした。意識が高くて、学ぶ姿勢にも刺激を受けました。文化の違いを知る機会や、また逆に自分の国の文化を説明することもあり、関心が広がりました。 アクティビティーも充実しているし、授業も2時半には終わるので、毎日思う存分にバンクーバーを満喫できました。 何より、この留学では沢山の出会いがありました。一生忘れません。また戻ってきます!!今度は長期の留学にむけて頑張ります!


●[CSLI 春休み短期留学]

Hayakauehara写真1 Hayaka Uehara
出身地:宮崎県
観光ビザ
4週間


「CSLIは生徒一人ひとりを大切にしている」

Hayakauehara写真2 Hayakauehara写真3


私はCSLIに4週間通いました。CSLIは生徒一人ひとりを大切にしているなと思いました。生徒の誕生日のときは、歌をクラスや生徒全員で歌ったり、Graduationのときは学校全体でお祝いをしたりして、先生、生徒とともに、一緒に喜びを共有していました。授業中、先生に質問しやすいことはもちろんのこと、晴れた日は外出して公園で授業をして、体を使って、楽しみながら英語を学習していました。また、CSLIは毎週アクティビティが充実していました。例えば、毎週金曜日は選択アクティビティがあり、グランビルアイランドに行けるコースもありました。金曜日はいろんなクラスの子と仲良くなれるチャンスがあり、友達の輪が広がりやすいなと思いました。私の一番の思い出はGraduationを映画館で行ったことです。
クラスを越えて、沢山のアクティビティに参加して、友達を作りたい人にはおすすめの学校です。


●[CSLI 短期語学コース]

Misatoideta写真1 MIsato Ideta
出身地:東京都
観光ビザ


「2/15~3/11の短期留学でした!あっという間でした!!」

Misatoideta写真2 Misatoideta写真3


2/15~3/11の短期留学でした!あっという間でした!
CSLIは生徒同士のコミュニケーションを取らせるような授業スタイルなので、自然と友達がいっぱいできました!金曜日は丸1日アクティビティなので、いろんな所に連れて行ってもらえます。また、月1のGraduation Partyはいつもと違う雰囲気の学校や友達と過ごせておもしろかったです(^∀^)☆お昼ごはんを偶然一緒に食べてたブラジルの女の子とも、1ヶ月の間にすっかり仲良くなり、金曜日のアクティビティも一緒、週末のお出かけも一緒でした。普段は特に国籍の違いは感じなかったけど、「食事」は習慣の違いをめっちゃ実感しました。
ただ、言いたいことをストレートになかなか言えず、もどかしかったので、また帰って来たいです。もっと話せるように帰国してからも勉強します!!!笑


●[KAPLAN 語学コース]

Noriko写真1 Noriko.K
出身地:岡山県
学生ビザ


「自習の為のシステムが整っている。特に選択授業は私のお気に入り!」

Noriko写真2 Noriko写真3


とにかく英語を勉強したいという思いから留学を決めたものの、困ったのは学校選びでした。なんとまあバンクーバーのESL Schoolの多いことか…。インターネットで調べてもどの学校もそれぞれが競って自分達の特色をうたっていました。困っていたところ、Misaさんからの救いの手があり、無事に1校に絞ることが出来ました。
私の決めたカプランの授業料は私にとっては安いものではありませんでした。それでも私がこの学校に決めたのは、国籍が制限されている事、自習の為のシステムが整っているという理由からでした。特に選択授業は私のお気に入りで、自分の目的に合った授業を選ぶことが出来、足りない部分を補うにはとても有効だったと思います。長い間、英語からは慣れていた私は簡単な文法さえも分からない有様でした。しかし必須のクラスでは先生達が理解できるまで説明した下さり、少しづつですが基礎固めをする事が出来たと思います。私はカプランにいる間にライティングに力を入れたいと思いました、しかし、なかなか思う様な文章が書けませんでした。文章がパターン化していて、自分で呼んでもつまらなく感じました。そこで担任の先生に相談したところ「文章を何回も書きなさい。持って来たらいつでも見ることができるよ。」と言ってくれました。それから時間をみつけては週に2~3回提出しました。先生は毎回丁寧に添削して下さり、質問があれば丁寧に返答してくれました。先生方はしっかりと生徒達のサポートをして下さいました。カプランは自分のやる気さえあれば勉強できる環境が整っており、特に自己学習の得意な人にはとってもよい環境だと思います。その他、国際色豊かでいろんな国の友人を作ることができ、休日には一緒に出かけたりして楽しむことが出来ました。文化の違いに驚くこともありますが、他国の方の明るさや間違いを恐れずに自分の意見を発言する姿勢に感心し、見習うべき所だなと思いました。カプランでは、英語学習だけでなく、文化交流を通じて、留学の楽しさを感じることができました。


●[GV 語学コース]

Shiori写真1 Shiori Kudo
出身地:岩手県
ワーホリビザ


「私が大好きな語学学校 Global Village」

Shiori写真2 Shiori写真3


私がGVに決めた理由は多国籍でスピーキング重視で何より授業が楽しい学校だったからです。日本で学校を決めずに渡加して来た私にはどの学校が良いか全く分からずとりあえずスピーキングを伸ばしたかったのでMisaさんに紹介されたGVに体験レッスンに行きました。自分で実際に体験レッスンに参加して決められたので想像と現実のミスマッチがなくてよかったと思っています。クラスの国籍はサウジアラビアが多くてびっくりしました。その他にもブラジル、韓国、コロンビア、メキシコ、アルゼンチン、ドイツ、スイス、台湾、トルコなど色々な国の人達と一緒に授業をうけてそこから授業とは別に学べることも多かったです。授業もただ単にグラマーをやるのではなく、チーム対抗ゲームで勝ったチームには先生が休憩時間にコーヒーをおごってくれたりもしました。
1番印象に残っているのは、授業でスーパーマーケットに行ったことです。机の上で学ぶのだけでなく、実際に自分で体験して生活に役立てることが出来ました。休日には毎週の様に友達の家に行ってランチパーティーをしたり、学校帰りにイルミネーションを見に行ったり、クラスメイト全員でご飯を食べに行ったり、本当に楽しくてあっという間の3ヶ月でした。
多国籍の学校だったので異文化交流も楽しかったですし、お互いの第一言語が違っても英語だとコミュニケーションが取れて意思疎通出来るのが面白かったです。先生方も明るく、面白くて楽しいので毎日学校に行くのが楽しかったです。
スピーキングを伸ばしたい!!多国籍の学校で楽しく学びたいって人GVおすすめですよ☆!!


●[EC 語学コース]

Megumi写真1 Megumi Nagashima
出身地:埼玉県
学生ビザ


「私の学校選びの条件は国際色豊かであること」

Mio写真2 Mio写真3


私の学校選びの条件は国際色豊かであること、あとは(私は1年間滞在予定だったので)勉強だけではなくアクティビティも豊富なところと言うことでECをオススメしてもらい選びました。学校に通ってみて、今は本当に楽しく過ごせています。今ではブラジル、スイス、韓国、メキシコ、コロンビアなどの友達ができみんなでそれぞれの国のレストランに行ったり、学校後もみんなで楽しく過ごしています。先生も含めクラスメイトと一緒に遊びにゲームセンターへ行ったりと学校内だけではないところでも交流をはかれて英語を楽しみながら学ぶことができています。

Mio写真2 Mio写真3


学校スケジュールも他校と違い毎日、AM・PMで分かれているため、学校終わりに遊んだり、飲みに行ったりしたりしても次の日ゆっくり寝れるところといった学校後のスケジュールも組みやすいところが良いと思います。
先生もとてもフレンドリーで親身に接してくれるので、授業以外での質問や自分の足りないところや伸ばしたいところを相談するとアドバイスや宿題を渡してくれるところがとても気に入っています。ECはトロントにいもあるので、バンクーバーとトロント両方体験したいという方にもECはぴったりだと思います。


●[LSI 語学コース]

Mio写真1 Mio Ishikawa
出身地:愛媛県
ワーホリビザ


「お金がない。英語が苦手。人見知り。でもカナダで友達を作りたい」

Mio写真2 Mio写真3


お金がない。英語が苦手。人見知り。でもカナダで友達を作りたい…
そんな私にぴったりだったのがLSIでした。きっかけは学費の安さ。もともと学費の関係で学校に行くことを全く考えていなかった私ですが、友達についてちびかなだへ行ったことで、大きく変わりました。他の学校に比べて学費が安く、これなら私でも試せるかも!と…
でも、学費以上に心惹かれたのは、学校の雰囲気でした。
トライアルの日、不安いっぱいでドアを開けたのですが、入り口を入ってすぐのデスクに日本人のカウンセラーさんが!!本当に安心しました。いつでも相談できるとても心強い存在です。学校はビルのワンフロアのみでこじんまりとした感じ。でもそこが私にとって良かったように思います。休憩時間には、共有スペースにみんなが集まり話すことができ、アットホームな雰囲気があります。また、人数が少ないので、午前のクラスと午後のクラスのメンバーが大きく変動することもなく、1日を通してとても濃く、貴重な時間を過ごせたように思います。先生もフレンドリーで、一人ひとりの生徒を良く見てくれています。また、個人の力、全体のバランスを見ながら授業を進めてくれます。
2週間では、面白くなりはじめたころに終わってしまうとアドバイスを受け、悩んだ結果、4週間行くことを決めたのですが…
気づけば学校が楽しくて、友達ともっと一緒にいたくて、家族に協力してもらい、3週間追加していました。とても魅力的な学校です!LSIで出会ったかけがえのない友達、先生、沢山の思い出は私の宝物です!!


●[ILSC 語学コース]

Taniguchi写真1 Kanako Taniguchi
出身地:京都府
学生ビザ


「学生数が多いので気の合う友達とも絶対に出会えます」

Kanako写真2 Kanako写真3


沢山の学校があるなかで色々迷ったあげく、様々なコースがあるILSCに決めました。総合英語のコースももちろんありますが、私はいくつかサーティフィケートが取得できるビジネスマネジメントのコースを取りました。その後、アカデミック・プリパレーションというTOEICやIELTSなどのテストの為の準備コースを取ったり、自分に必要な授業やコースを見つけることができました。
もしも授業内容が合わなくても、翌週にクラスを変更できるのでいろいろなクラスを見て周ることができます。
先生も沢山居るので、自分に合う先生に出会うと学校も楽しくなるし、モチベーションもあがります。基本的に学生は若いですが、学生数が多いので気の合う友達とも絶対に出会えます。久しぶりの学生生活でしたが、とても楽しく満喫できました!


●[EC 語学コース]

Misato写真1 Misato Horiuchi
出身地:広島県
ワーキングホリデー


「ECを選んで正解でした!!」

Misato写真2 Misato写真3


ワーキングホリデーで11月に来て、まずは1ヶ月語学学校に通いました。EC Vancouverに決めた理由は、国際色豊かで日本人が少ないという事とスピーキング、リスニング、ライティング、グラマー全てを総合的に学べるという事に魅力を感じたからです。初日にレベル分けテストがあり、翌日から自分のレベルに合ったクラスで学びました。最初は相手の言っていることが理解できない、自分も言葉が出てこないととても不安になりましたが、一週間もすればクラスメイトとも仲良くなり、英語も少しずつ聞き取れるようになって学校に行くのが本当に楽しかったです。
授業は1クラス約10~15人で、ペアワークでトピックに沿って会話をしたり、家族や友達に手紙を書いたり、テキストを使う日もあれば使わない日もあります。毎日違うことをするので飽きないし、先生もとてもフレンドリーで授業はいつも笑いが絶えません。授業スケジュールも12月から変更になり、月曜日が午後スタートの授業だったら、火曜日は午後スタート、水曜日は午後~という風に交互になっています。授業が午前で終われば、放課後は友達と出かけられるし、午後からの日は朝ゆっくり出来るので私は好きでした。
今回は1ヶ月しか居られませんでしたが、短時間で友達もできて、学校も本当に楽しかったです。ECを選んで正解でした!!


●[Britania 会話強化コース]

Hikari写真1 Hikaru Asanuma
出身地:東京都
ワーキングホリデー


「会話を強化したい、しっかり勉強したい方にはとてもおすすめしたい学校」

HIkari写真2 Hiklari写真3


私はBritanniaを2校目として選びました。
最初の学校に通っていた際、楽しくはあったものの学習面で物足りなさを感じていたため、しっかり勉強ができスピーキングを重視しているというBritanniaに変更する事にしました。結果、私はこの選択が大正解だったと思っています!
一日のスケジュールは『発音』、『文法的正確さ』、『流暢さ』、『一日の復習』、と4コマから構成されており、各コマで自分の考えを英語で表現する事が求められます。話す機会がとても多い上、先生達は生徒の話す英語を注意深く聞き取り、間違えを細かく指導してくれます。生徒全体の間違えをホワイトボードに書き出し共有してくれるのでとてもわかりやすいです。Britanniaほど間違えを指導してくれる学校はないのではないかと思います。また、文法的な誤りだけではなく、表現としてネイティブには不自然に聞こえる表現に対しても、より自然な表現方法を提示してくれるので、自然な英語を学んでいけると思います。毎週金曜日にはプレゼンテーションもあります。日々復習をしていかないとついていくのが大変な上、プレゼンテーションの準備もあるので忙しい学校生活でした。
会話を強化したい、しっかり勉強したい方にはとてもおすすめしたい学校です。


●[IGK ケロウナ]

risakosuzuki写真1 Tomoki Moriya
出身地:神奈川県
観光ビザ


「とにかく大自然があったので大満足でした」

Tomoki写真2 Tomoki写真3


3ヶ月間滞在してみて、ケロウナの土地、学校、気候、全てが最高でした。日本人がいない場所に行きたかったので、ケロウナに行きましたが、初め学校に行ったときは日本人がものすごく多く大丈夫かと思いました。しかしながら、、一人一人の意識が高かったのと、学校の雰囲気が良かったので国籍は実際にはあまり関係はなかったです。とにかく、スピーキングが中心だったのでスピーキングのスキルがもの凄く上がったと自分でも感じることができ、自信を持つことができました。ケロウナは買い物をしたりするショッピングセンターは1つしかないですが、とにかく大自然があったので大満足でした。学校終わりに毎日ビーチに行ってバレーボールをしたり、泳いだりしたのが一番の思い出です。それと、夏は毎日晴れるので、リゾート地に住んでいるような感覚になります。フルーツとワインは行ったら絶対に試してみて下さい。最高です!


●[KGIC]

risakosuzuki写真1 Risako Suzuki
出身地:神奈川県
学生ビザ


「課外授業はより勉強意欲がある学生が集まる」
真剣に英語を楽しみながら学びたい人にお勧めしたい

Risakosuzuki写真2 Risakosuzuki写真3


KGICに10カ月通学して英語を学びました。
バンクーバーキャンパスは規模が大きくカナダにいくつもキャンパスがあること、またスペシャルコース(専門コース)が充実していたためKGICを選びました。もともと英語力が無かったのでまずは、ESLで基礎を固めることに専念しました。何年ぶりかに通う学校はとても新鮮で楽しみもありましたが、英語が喋れないのでとても緊張して初日を過ごした記憶があります。しかし、規模が大きい学校なだけに色々な国からの生徒が数多くいます。その為、友達を作ることは心配していた程大変でなく自然にできました。また、ESLの授業はグラマー/リーディング、ライティング/リスニング/コミュニケーションと4つの教科のなかでさらにレベルごとにクラスが分かれているので、自分のレベルにあった勉強が出来たので嫌なプレッシャーやストレスもなく私には合っていました。先生はテキスト上のことだけでなく、バンクーバーの生活やイベント、おすすめのお店など教えてくれたり、日本人カウンセラーの方々は自分の限られたバンクーバー生活をどう過ごすのか、どんな勉強をここでしたいのか等いつでも相談にのってくれました。たった一人できたカナダはとても不安でしたが、学校のサポートが充実しているので安心して過ごせたのかと思います。

そして、教科ごとにクラスが変わるため多くの学生と出会い友達になれるのもKGICの特徴の一つだと思います。私は課外授業を利用し強化したい分野をさらに勉強しています。課外授業はより勉強意欲がある学生が集まるので一般の授業とは少し違った雰囲気です。アクティビティも充実しており、1泊2日の旅行やシアトルツアー、Vancouverで楽しめるアクティビティもあります。アクティビティを通じて上のレベルの友達とも喋る機会がもてるので、モチベーションもあがります。勉強だけでなく遊ぶ事も息抜きだと思っています。学校の先生はとてもフレンドリーで面倒見がいい先生がそろっています。クラスでドーナツにローソクを立てて誕生日を祝ってくれた先生もいました。月末には各教科ごとに先生と自分の弱点やテストの結果などについて面接をします。その為、当月の反省点や翌月の目標が明確に立てられます。とても手厚い指導をしてくれます。

日本とは全く違う教育方法で最初は戸惑いがありましたが、そんな違いにもすぐに慣れます。英語で英語の勉強をすることは大変だと最初は思っていましたが、丁寧な授業なためとても分かりやすく理解しやすいです。KGICは大きな語学学校の為、Vancouverだけでなくビクトリアやトロントなどにもキャンパスがあるので、キャンパス移動が可能です。ちなみに、私はバンクーバーに6ヶ月間滞在した後、カナダ東海岸にあるハリファックス キャンパスに移動をしました。残念ながら今現在はハリファックスキャンパスはありませんが、別の地域で勉強が出来たこともいい経験になりました。
KGICは沢山の友達、細かな学習、違う場所での勉強、色々な事が可能な学校だと思います。そして、多くの専門コースを選択できる事は自分の目標にもなるので私はこの学校に通い勉強が出来てとても良かったです。真剣に英語を楽しみながら学びたい人にお勧めしたいです。


●[Inlingua]

takutoyamada写真1 Takuto Yamada
出身地:北海道
観光ビザ


「ちびかなだはメンバーもすっごく仲がいい」

Takuto写真2 Takuto写真3


どこのエージェントにしようか迷っている時に友達にちびかなだを紹介されたのでちびかなだに決めました。何度メールをしても無料ということだったので、わからないことは何度も聞きました。それなのに毎回分かりやすい返事がきてとっても助かりました。ちびかなだのオフィスはきっちりした感じだと思っていましたが、実際に行ってみるととてもフレンドリーな感じで、気軽に立ち寄れるようなオフィスでした。一ヶ月の留学でしたが何度も立ち寄りました。
来てすぐにちびかなだのメンバーでバーベキューがありました。ちびかなだはメンバーもすっごく仲がいいです!
最終的に僕はバンクーバーのInlinguaという語学学校で短期留学をして英語を学びました。学校もとても楽しくて毎日が充実していました。エージェントがちびかなだでとてもよかったと思います。カナダに留学する友達がいたらちびかなだをすすめたいです。


●[Inlingua]

Shinichiro写真1 Shinichiro Baba
出身地:石川県
観光ビザ


「次があれば、一年間滞在してもっとバンクーバーを楽しみたい」

Shinichiro写真2 Shinichiro写真3


大学の夏休み期間中にあたり、日本に居てもする事が無かったので外国に行ってみようと思いバンクーバーへ来ました。
はじめは観光だけのつもりだったのですが、せっかく海外へ行く以上外国の人と触れ合う機会が欲しかったのと、自分自身の英語力の向上のためにInlinguaに一週間だけ通いました。日本でエージェントを探したりということは全くしなかったので、こっちに来てからエージェントを探し、ちびの人達にあたたかく迎えていただき、1週間楽しく学校に通うことができました。
学校では入学の際にできた友達とは別のクラスになってしまいましたが、私が入ったクラスはとても楽しくSpeaking力を(少しだけ)向上させることができました。諸事情あってアクティビティに参加する事はできませんでしたが、とても充実した1週間でした。
バンクーバーに着いてから2週間の滞在の間にホテル・予約がきちんととれてなかったり、BEDBUGに栄養を提供したり、風邪を引いたり、本当に色々なことが起こりましたが、そのせいか2週間が本当にあっという間でした。
自分にとってこの2週間は本当に良い経験になったと思います!
次があれば、一年間滞在してもっとバンクーバーを楽しみたいなと思いました!


●[CSLI]

Irin写真1 Irin Komiya
出身地:熊本県
観光ビザ


「一日が過ぎるのがあっという間でとても早く感じました」

Irin写真2 Irin写真3


私が通ったCSLIという学校はアットホームでアクティビティが沢山楽しいある学校でした。
授業はほとんど文法という感じではなく、主にゲームを通していろんな話題について話す機会があったのでとても楽しかったです。担当の先生のジミーとベッキーは二人とも楽しく、特にジミーと一緒のごはんは良い思い出となりました。
私が入学した時期的には短期留学の日本人の方が多かったですが、学校内はイングリッシュオンリーというルールがあったので、いろんな国籍の友達と楽しく英語を話す機会を多くもてました。休み時間もパイなげや卒業式などいろんな行事があったため一日が過ぎるのがあっという間でとても早く感じました。短期間でしたがとてもいい経験になりました。ありがとうございました。


●[Inlingua]

Ayaka写真1 Ayaka Noe
出身地:宮城県
ワーキングホリデー


「アクティビティを通してたくさんの生徒と仲良くなれて最高でした」

Ayaka写真2 Rino写真3


私は半年間の語学留学で最初の2ヶ月間inlinguaに通いました。大きさ的には中規模くらいの学校で、アットホームな雰囲気もありつつ、生徒数は多すぎず少なすぎずちょうどいいと思います。わたしが在学していた時期は夏の特に生徒が多い時期でしたが、授業中はスピーキング重視で話す機会が多く設けられた授業スタイルで、個人的にすごく良かったです。

Inlinguaはアクティビティがユニークで、毎月少し変わったアクティビティを用意してくれて、一番印象に残っているのが“Japanese Crazy Cultural Party”です。他にもBrazilian, Korean Partyなどあるそうですが、幸運にも私が在学していた時にJapanese Partyがあり、ホストとして参加しました。他国の生徒や先生が主にゲストとして参加し、私達は日本の様々な文化を知ってもらえるのは嬉しいし、アクティビティを通してたくさんの生徒と仲良くなれて最高でした!inlinguaで仲良くなった友達とは卒業してからもずっと仲良くしていて、Facebookで先生ともつながってて、すごくいい関係を保っていると思います。
2ヶ月間、本当に良い学生生活を送りました!


●[ILAC]

Rino写真1 Rino Ushiroda
出身地:愛知県
ワーキングホリデー


「とても明るく賑やかな学校!2週間ごとのテストでモチベーションアップ!」

Rino写真2 Rino写真3


ILACは一言で言えば、とても明るく賑やかな学校です。クラスメートや先生とすぐに仲良くなることができるし、とても多国籍なので、いろんな国の人と友達になれます。先生もいい人ばかりでプロフェッショナルです。もしその先生やクラスが気に入らなかったら、同じレベルでも5~10程のクラスがあるので、自分に合ったクラスや先生を見つけることができます。17段階に細かくレベル分けされていて、レベルが上に行くごとに、日本人の数は減り、内容やテストも難しくなりますが、2週間ごとにテストがあるので、モチベーションもアップされます。

Rino写真2 Rino写真3


私はビジネス英語のクラスを今受講しているのですが、語彙や習う内容も一般英語とは全く異なり、将来自分がビジネスに関わった時に役に立つことばかりです。ILACは、リスニング、スピーキング、ライティング、リーディング、文法、全てをバランス良く重視しているので一つのことに偏って勉強したくないという人におすすめです。


●[VGC]

Konta写真1 Hirofumi Konno
出身地:宮城県
学生ビザ


「学んだ英語をすぐに使える環境がここにはある!」

Konta写真2 Konta写真3


学校内は「English only」のポリシーで、学んだ英語をすぐに使える環境がここにはある。
「English only」・・・・。厳しそうにみえて、実際厳しい(笑)でも、このポリシーがなければ、折角ここまで英語を学びに来た意味がない。
話かける相手も同じ英語を学んでいる仲間。もし、その人たちがスペイン語なんて話してたら、何の話題で盛り上がっているかも分からないし、余計に話しかけ難いと思う。英語を学ぶ環境に、この「English only」が生きてくる。
放課後は様々なアクティビティで、楽しみながらコミュニケーションそもそも、英語なんて全然喋れなかった俺は、学校後のスーポーツアクティビティで顔見知りを増やす作戦で、、、、、(笑)。スポーツは言葉を超えたコミュニケーションだと思います。
毎日のように放課後にアクティビティがあって、スポーツ以外にも、映画を見に行ったり、カラオケに行ったり、ビール好きな俺はConversation Pubでほろ酔い飲みにケーション(笑)無料なものも多いので、懐にも優しいです。

フレンドリーな先生が多いアットホームな学校シャイな日本人は授業中に質問できません。でも、一言「Teacher!!」って言ったらちゃんと聞いてくれるし、教えてくれます。まぁ、休み時間も先生が教室にいる事が多いので、いつでも聞けるし、要はやる気次第で、ちゃんと答えてくれる先生が多いです。毎週のように生徒が出入りする環境の中、出会いと別れは必須なものとなってます。特に、テキストが2ヶ月周期なので、そのタイミングには、多くの人が動きます。
俺も「ちびかなだ」さんのお勧めでテキストのスタートタイミングで入学しましたが、最初は簡単なので、馴染むためにも良いタイミングだったと感じてます。最近は勉強と遊びも両方とも充実していて疲れ気味な僕ですが、ここでの先生や異国の友達との出会いに感謝しています。これからも一期一会を大切に頑張っていこうと思います。


●[Global Village]

Shiori写真1 ShioriInoue
出身地:愛知県
学生ビザ


「最初に言えることは、GVに決めて良かった!」

Shiori写真2 Shiori写真3


私は今、Global Village(GV)に通い始めて4ヶ月に突入しました。まず最初に言えることは、GVに決めて良かった!ということです。実は、去年も1ヶ月間GVに通っていました。その時も今もそうですが、先生達はパワフルで楽しいアクティビティを取り入れながらわかりやすい授業をしてくれるし、通っている生徒も国籍制限のあるスクールなので、国際色豊かです。レベルは全部で8つあり、今私はGV5(レベル5)で勉強しています。毎月1回、月末にレベルテストを受け、その評価によってレベルアップしていくというシステムです。頑張って勉強してレベルアップすると本当に嬉しいです!

授業は午前と午後に別れていて、午前は基本クラスでGVの生徒全員が参加する授業で、午後は選択クラスなので、受けていない生徒もいます。午後は1時間ずつ2コマありますが、私は午後の1コマを受けています。私の意見では、午後も受けることをオススメします!なぜなら午前とは違うレベルの人と一緒に受けれるので、良い刺激にもなるし、友達ももっと増えて楽しいからです。そして一番の理由は午後のクラスで取れる授業は、ボキャブラリー、リスニング、ライティング、スピーキング等で自分が苦手な分野を強化できるということです!そしてGVは放課後のアクティビティーが豊富でボーリングやワインの試飲、パーティー、映画、そしてシアトル旅行やカナディアンロッキー旅行等大きなアクティビティーもあります。
最後に、楽しくわかりやすく授業を受けたい人、しっかり文法を勉強したい人、そして様々な国の友達が欲しい人へGlobal Villageをオススメします!


●[VIC]

Yoshihito写真1 Yoshihito Iida
出身地:埼玉県
ワーホリビザ


「自分の発音の問題点を詳細に知ることができました」

「やり終えた時の達成感は今でも忘れられません」

Yoshihito写真2 Yoshihito写真3


幅広く英語を学びたいと考えていた私にとって、VICは理想の学校でした。ジェネラルイングリッシュからビジネスイングリッシュ、スラングを集中的に勉強するクラスなど、プログラムの内容は非常にバライエティに富んでいます。中でも、発音矯正クラスは役に立ちました。日本の英語教育では触れることが少ない発音の良し悪しですが、ネイティブの国では非常に重要で、カナダに来た当初はネイティブの人に何を言ってるか伝わらないことが多々ありました。

VICの発音矯正のクラスを受講して以来、自分の発音の問題点を詳細に知ることができました。また、改善に向けて先生も事細かに注意してくれるので、発音矯正への最短の近道だと思います。
また、大学進学準備コースでは、効果的なエッセイの書き方やディベートの仕方を学ぶことができ、アカデミックな英語に深く触れられます。ディベートの前などは非常に緊張しますが、やり終えた時の達成感は今でも忘れられません。先生も生徒もカウンセラー、スタッフの方々、VICの人は皆フレンドリーでモチベーションが高く、学校の雰囲気も最高なので、VICを選んで今では本当に良かったと思っています。


●[Langara College]『LEAP』(大学準備)プログラム

Meg写真1 Meg Cho
出身地:福岡県
学生ビザ


「この学校の良い所は、生徒と先生の距離が近いところ」

「英語が上手くなりたいという気持ちは以前より大きくなってる」

Meg写真2 Meg写真3


初めまして、Megです。カナダへ来て2年、語学学校、ワーホリで1年間現地のカフェでの仕事を経験したところでこのLangaraのEnglish Foundation Course、LEAP Programを半年取ることにしました。本来は帰国するはずだったのですが、自分のWriting力の乏しさに 「このままではいつまでたっても書けないままだ」と思いAcademic Englishを伸ばすという目的で滞在を延ばすことに決めました。

LEAPは普通のESLの様に会話の練習や楽しいアクティビティはありません。読み書きに重点を置き、ひたすらに読んで書きます。宿題も死ぬほどでます。最低でも3時間分は出ると言われていましたが、6時間分はあったように感じます。当時ワーホリあがりで勉強しなれていなかった私は昼の12:30に授業が終わってから暗くなるまで図書館にこもり、帰って夕飯の後に終わらなかった続きをやるというのが普通でした。

LangaraのEnglish Foundation Courseのレベルは1から8まであります。レベル1から3まではSTEP、4から8まではLEAPと呼ばれています。(Langaraのホームページには日本語の案内もあります)初めのレベル分けテストで自分がどのクラスに入れるのかが分かります。私はレベル4、5、6を取りました。

レベル4から始めた私はエッセイの基本、パラグラフを書くというところから始めました。それをつなぎの語句(Transition words)でつなげエッセイらしくしていきます。そこからエッセイを何とか書き、グラマーのミステイクや同じ語句を何度も使っているところを修正し、文全体のクオリティを上げていきます。レベル5,6ではテスト形式でのエッセイライティングもありました。朝クラスに行き、4ページ程のarticleを渡され、そこにある情報をもとに2時間内でエッセイを一本書くというもので、なかなかハードな課題の一つでした。

Writingの他には論文を読んで出される問いに文章で答えるWritten Response Questionにグループプレゼンテーション、ノートテイキングなどがありました。クラスメイト達は秀才が多く、おいて行かれないようついていくのに必死でした。先生からはもちろんですがクラスメイトからも多くの事を学びました。

私は今Langara ではなく別のカレッジでHospitality ManagementとBusiness のコースを取っています。クラスメイトはほぼカナダ人で毎日課題やレポート、エッセイ、プロジェクト等で忙しくしていますが、このLEAPに比べれば全然大したことないと思えます。それくらいこのプログラムはハードでしたが、得たものは大きかったです。コース料も少し高いですしとてもハードですが、もし、聞き取りには少し自信があって、読解力や文章を書く力を重点的に伸ばしたいというのならこのプログラムはとてもおすすめです。


●[Britania]

Takuro写真1 Takuro Tabuchi
出身地:大阪府
学生ビザ
スピーキング強化・発音強化コース: 4週間


他の語学学校と比べて、すごく個性的な学校です.

僕はいかに正確に、早く英語を話す事が難しいか実感しています。

Takuro写真2 Takuro写真3



こんにちは、初めまして、田渕拓郎です!お初めにかかる方が多いので、少し自己紹介をいたします。
大阪府出身です。大学を卒業して直ぐにワーキングホリデービザにてカナダにやってきました。今月で4ヶ月経ちます。はやいものです、
 さて本日は、現在、僕が通っている語学学校Britannia(ブリタニア)を紹介したいと思います。前の学校に3ヶ月滞在し、2校目としてブリタニアに6週間の予定で入学しました。


ブリタニアは他の語学学校と比べて、すごく個性的な学校です。特殊です。まず、授業はスピーキング中心ではなく、スピーキングしかしません!!いやほんとうに誇張なしで・・以前在籍していたスピーキング重視の学校と比べても、話す機会はすごく多く感じます、そんなスタイルに合わせて、クラスは少人数制です。人数が少ないので順番待ちなどなく、より一人が多くスピーキングできるということです。
具体的に一つ、授業の流れを紹介しますと、先生から何らかのトピック(昨日のテレビの話から法律や哲学的なことまで。。)を与えられ、生徒がスピーキングを行います。その間、先生は生徒の発話を漏らさずノートに書き込み、後でホワイトボードで文法的な間違いや、発音矯正、おかしな英語からネイティブ表現へ訂正する、といったスタイルです。
この授業のスタイルが僕がもっとも気に入っているところです!みなさん、自分の英語を書き写されたことあまりないでしょ!僕はいかに正確に、早く英語を話す事が難しいか実感しています。


次に学校の様子を紹介します。現在、ブリタニアには韓国人と日本人の生徒しか在籍しておりません。えっ。
ということで決してインターナショナルな学校ではないのです!しかし、悪い事ばかりではありません!
大きなメリットは、レベルが似ているという点でしょうか、例えば、南米の生徒さんと比べると、彼らはとりわけスピーキングが得意なのに対して、文法が苦手です。反対にアジアの生徒は文法が得意なのに対してスピーキングが苦手な印象があります。(ボクの感覚です笑)
インターナショナルというと聞こえはいいですが、ごちゃまぜにすると、各生徒さんで、つまずくとこやわからないとこ、得意、苦手、もごちゃまぜということになると思います。ということで授業がスムーズに進まないなんてことも起きるのではないでしょうか!よってインターナショナルな学校にもデメリットがあるわけです!ぼくはごちゃまぜが好みなんですけどね~~笑
しかし、僕自身、講義を受けていて、他の生徒さんのミスも本当に勉強になります。発音のミスも似ているので、みんなで矯正します。笑
そして、先生方も教えやすいのではないでしょうか。(笑)
それでは、長々と書きましたが、これで〆とさせていただきます。スピーキングのスキルを伸ばしたいと考えている、生徒さん!ぴったりです!Britanniaをおすすめします!とりあえず、トライアルレッスンを受けてみてはいかがでしょうか!?!?
のどカラッカラなるまでスピーキングしましょう!最後まで、読んで頂きありがとうございました:)


●[CSLI (短期夏休み留学)

Asami写真1 Asami Suzuki
出身地:神奈川県
観光ビザ
パートタイム語学研修コース: 2週間


少しずつ話していけることがすごく嬉しかった.

また機会があればこの学校に通いたい

Asami写真2 Asami写真3



今回、夏休みを利用して非常に短い期間でしたが、2週間という短期留学を体験しました。
私は海外に行くのも初めてで、ドキドキしながら英語も中学や高校で習ったくらいの英語力で今回カナダに留学しました。
留学を決めたのは今年の5、6月頃で、なんとなく見た学校の留学のお知らせを見て行ってみたいと思い“ちびかなだ”さんをホームページで見つけ、行くことを決めました。バンクーバーは本当にきれいな場所で、人も優しく色々な人が助けてくれました。私が通った語学学校CSLIは、今までと違って“English only”でしたが、少しずつ話していけることがすごく嬉しかったです。CSLIのクラスの人はみんなFriendlyで先生も分かるまで教えてくれる先生で、授業もすごく楽しいなと感じました。


“ちびかなだ”はインターネットの口コミで見つけてお世話になりました。留学も急に決めて急遽連絡をしたのですが、すごく親切に対応してくださって、海外に行ったことがない私に色々なことを教えて頂きました。パスポートの取り方も、カナダがどんなところで、気温はこれくらいだよと色々教えてもらいました。“ちびかなだ”でやっていなかったらこんなふうに毎日充実した留学生活を送れなかったんじゃないかなと思います。バンクーバーに来て“ちびかなだ”さんで切符の買い方、など様々なことも教えてもらって、ここにして良かったなって思います。
ホームステイ先の人も優しく、困った時はいつも助けてもらいました。
また、カナダに是非ちびかなだを使って来たいと思います。本当にありがとうございました。


●[SOL-Vancouver (短期OL留学)

Yuko写真1 Yuko Iwamoto
出身地:大阪府
観光ビザ
Semi-Intensive
セミフルタイム語学研修コース: 1週間


フレンドリーで優しく安心して通学できました。

また機会があればこの学校に通いたい

Yuko写真2 Yuko写真3



人数の少ない学校なので、クラスのレベルはさほど細かく分かれていないのですが、多国籍でよかったです。クラスメイトは韓国人か日本人が多いだろうなあと思っていたら、ブラジル人が非常に多くて驚きました。他の学校だと、初級クラスは日本人が多いようです。SOLスクールの先生やスタッフさんはとてもフレンドリーで優しく安心して通学できました。


私が受講していのはセミフルタイムですが、8:30~12:50のCOREクラスはずっと同じ先生に教えてもらえるので良かったです。とても生徒同士で話す機会が多く、他国の方の英語を聞き取るのはかなり難しかったです。多国籍の留学生は良く話しますが、日本人に比べると文法に弱いようでした。一週間しか滞在できなかったので、オリエンテーションを除いて4日間しか授業を受けられなかった点が非常に残念でした。クラスメイトのもう一人の日本人も私と同じく会社のお盆休みを利用していたので4日間でした。 たった4日という短い期間でしたが、長くいられたら英語力は伸びるのだろうな~と感じました。駅からも近く、蒸気時計のすぐそばなので通いやすかったです。いつかまた機会があれば是非またバンクーバーのこの学校で学びたいです。


●[SELC バンクーバー (語学ESL+リゾートバイト プログラム)

Mari写真1 Mari Kimura
出身地:埼玉県
ワーホリビザ
SELC 語学コース+リゾートバイト(ホテル)プログラム: 12週間フルタイム


私は8カ月間ジャスパーのマウント・ロブソンというホテルで働きました

Mari写真2 Mari写真3



皆さんこんにちは。私はマリと申します。カナダに来ようと心を決めて一人で何とか準備を進めていたら、何年か前にワーホリでカナダに来たことある姉から無料でサポートしてくれる「ちびかなだ」を紹介してもらいました。そしてミサさんに手伝ってもらいながらビザを獲得してカナダに来た初日に心折れましたがみんなに助けてもらい私のカナダライフが始まりました。夏は色々なイベントもたくさん有りましてカナダデー、ゾンビワーク、ゲイパレード、ワータ―ファイトなどなどすごく楽しかったです。
最初は言葉も通じないし新しい環境になれてなくて辛かったですが、たくさんの良い友達を作ってパーティーをやったりパークで初フリズビーを体験したり、ちびカナダからの招待で色々なイベントを体験してみたりとても楽しい3カ月を過ごせました。後、ちびカナダから紹介してもらったホームステー先の皆さんもとてもいい方でキャンプに連れて行ってもらうこともできました。


私が選んだ語学学校はSELCというところでしたがいい先生達ばかりでとても良かったです。後、私は8カ月間ジャスパーのマウント・ロブソンというホテルで働きましたがこの仕事はSELCから紹介してもらいました。日本人の少ないところで働きながら英語力を伸ばしたい人のために作られたプログラムです。ジャスパーはとても小さな町ですが自然がとてもきれいで観光地として人気のエリアです。冬はとても寒いですが人の少ないところが好みの私には最高な町でした。最初は長く感じた1年でしたが今だともっとここにいたい、むしろカナダに住みたいと思っています。ワーホリいきたいけど、どうしようかな~と悩んでる方、ぜひカナダに来てみてください。ちびかなだが助けてくれますよ!


●[KGIC-Surrey (ジュニアESL)

Akari写真1 Akari Ogata
出身地:北海道
学生ビザ
High school bridge program junior ESL
ジュニアESLコース: 16週間フルタイム


「Junior ESLコースで11~18歳までの世界中から集まった子供達」

学校内では英語だけの会話がルール

Akari写真2 Akari写真3



私は中学校卒業後、カナダに渡りカナダの公立高校の新学期の始まる9月までの4ヶ月間、KGIC Surrey campusに通いました。
私が通っていたコースはJunior ESLコースで11~18歳までの世界中から集まった子供達が学んでいました。KGICはEnglish only policyがあり、学校内では英語だけの会話がルールになっています。


私の在籍していたクラスは。中国、韓国、メキシコ、グアテマラ、日本、台湾と国際色の豊かなクラスでした。授業はwriting、reading、listening、speakingのクラスがあり、高校進学に向けての授業もあり、高校に進学してから、その経験が役に立ちました。また、世界中から生徒が集まってくるのでたくさんの国の人達と友達になることができました。
KGICはたくさんのアクティビティーがあるのも魅力の一つだと思います。私のお気に入りだったアクティビティーはレーザータッグとLipdubです。レーザータッグは暗闇でレーザーでshootingしあうGameです。Lipdubは、既存の楽曲に合わせて口パクするパフォーマンスを収録した、オリジナルビデオのことです。私たちのクラスはSafe & Soundという曲のあるパートでクラス全員でchoo choo trainをしました。みんな本気でふざけてておもしろかったです。


●[CPPC]

Chiyori写真1 Chiyori Kamiyama
出身地:沖縄県
ワーキングホリデービザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 12週間パートタイム


「CPPCは初心者におすすめの学校です!!!」

最高の学校生活ありがと~

Chiyori写真2 Chiyori写真3



初めて学校へ行った時は不安いっぱいで、みんながみんな何言ってるのかわからずどうしよ~と思ったけど、単語つなぎでも必死に伝えようと思いしゃべっていると、友達もたくさん出来て、ブラジルの方、韓国の方、メキシコの方、いろんな国との文化の違いも感じる事が出来ました!!!休みはみんなで遊びに行ったり、お酒を飲んだり、すてきな出会いになりました。
CPPCの学校の先生方もとても親切に教えてくれて少人数のクラスなので初心者の自分にとってはとても通いやすい学校でした。

Chiyori写真4 Chiyori写真5


わからない所はすぐに質問したらていねいに教えてくれるし、やはり外国の先生方の発想がおもしろくて文化の違いを感じました。私も外国人になりたいです!!笑

CPPCは初心者におすすめの学校です!!!
この学校に行けてよかったです~!!!

CPPCの先生、友達に出会えた事本当にうれしく思います!!最高の学校生活ありがと~❤


●[ILI ~ハリファックス~]

Aik写真1 Ai Kida
出身地:岡山県
ワーキングホリデービザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 4週間フルタイム


『アジア人の少ない街で、レベルの高い授業』

『 とにかくアットホーム! 』

Aik写真2 Aik写真3



私は2013年10月から3ヶ月、バンクーバーの中規模語学学校に通っていたのですが、カナダの他の都市も見てみたいと思い、北アメリカ大陸を横断して東海岸の小さな街ハリファックスに移動しました。
ちょうど私が移動する時期に、学校が格安キャンペーンを行っていたという理由だけで、iliに1ヶ月だけ通うことになり、Misaさんからは「こんないい機会ないよ、呼ばれてるとしか思えない!」とびっくりされました。
ハリファックスに着いた当日、学校の先生が空港まで迎えに来てくれて、その足でiliに行きました。とっても眠い中、ひとりだけで入学テスト。iliはバンクーバーの学校に比べとっても小さな学校で、冬ということもあり生徒の数も少なかったです。先生が同期の生徒を紹介してくれましたが、私含めて5人しかいませんでした。
1ヶ月しか通いませんでしたが、iliにして正解でした! とてもアットホームな学校で、1クラスも5、6人ほど。東海岸なのでサウジアラビア人が多いです。私がいた時期は、サウジアラビア人、韓国人、日本人、中国人、ブラジア人という順の生徒数。バンクーバーではスイス人やドイツ人もいたので比較すると面白かったです。恐らく時期によって変動すると思います。 学校はそんな内訳ですが、街はほとんどカナダ人しか見かけません。たまにフランス語を話す人もいます。留学生が多いので、午後3時くらいにダウンタウンを歩けばアジア人を見かけることはあります。

学校が紹介してくれたホームステイファミリーもカナダ人。大きな犬のいる家庭で、私が薄いジャケットしか持っていないのを見かねてジャケットを貸してくれて、一緒に買い物も行ってくれました。 こっちのホームステイファミリーは本当に家族のように接してくれます。友人の日本人は、誕生日にホームステイファミリーがパーティーを企画して、本人には内緒で学校に連絡、友達や先生を家に招いて、本人が帰宅すると皆で出迎えてサプライズパーティーを開いてくれたとのことです。 クラスのレベル分けは細かく、Literacyクラスから1000まで、全部で11レベルあります。

私は500のクラスでしたが、そこではIELTSの勉強をしました。教科書もIELTS対策のものです。知らない単語がたくさん出てきて、読解問題もスピードが要求され、リスニングも何を言ってるかわからない! でも学ぶことがたくさんあって楽しく、先生のセリーナが親身になって教えてくれて、全く興味のなかったIELTSを受けてみたいと思うようになりました。生徒数も少ないので先生との距離が近いです。毎朝ライティングがあって、テーマに合わせて自由に書くというスタイルは力がつくと感じました。 午後のクラスは最初ハイレベルすぎてついていくことができず、変更してもらいました。そういったリクエストは答えてくれます。 変更先はライティングクラスでした。長文で図形を説明するというもので、これもIELTS対策ですが毎日続ければ必ず力がつくと思います。 500のクラスが自動的にIELTS対策になるようで、このクラスが一番難しく大変なのだと後で知りました。 一つだけ難点を言えば、教科書代は1冊$40で、500クラスは2冊必要なので高いと感じました。 でも卒業後も勉強に使えるものです。
ちなみに友達はUniversity Preparatoryクラスというクラスを受けています。そこを出ればカナダの大学やカレッジに進学することができます。かなり難しく宿題も多く大変だと聞きましたが、大学の図書館で資料を探したりするのだと聞きました。楽しそう! きっと力がつくと思います。

Aik写真4 Aik写真5



アクティビティーも最高でした! 先生の車に乗せてもらって、Peggys Coveに行ったり、無料の演劇を鑑賞したり、ホッケーの試合を観たり(チケット代は$10!かなり安いです)。帰りは先生が車で家まで送ってくれます。いつも授業が終わると、「It's freeeee!!!!」とアクティビティーへの参加を促す先生が出口で生徒を待ち伏せ(笑)シャイな人でも先生のあの押しに負けて参加したら自然に友達ができると思う(笑) 特に面白かったのは、これはハリファックスならでは。街の中心に要塞があるのですが、雪の積もったその丘でスライディング! 薄いプラスティックの板に乗って、先生も一緒に丘を滑って転んで転がって楽しかった! 他にも泊まりがけでモントリオールに旅行に行ったり、ロッジに泊まったり、スキー、スノボに行ったり、氷に穴を開けて釣りをしたりといったものもあるようです。 何か困ったことがあれば、セリーナが何でも相談に乗ってくれます。 シェアハウスや仕事探しで随分助けられました。先生と生徒というより、親友のよう。

学校は既に卒業しているのですが、今でも暇があればラウンジに顔を出して、友達に会ったり、セリーナとお話ししたりしてます。セリーナからは「keep in touch!」と言われています。卒業後も暖かく迎え入れてくれる適当さと懐の深さはカナダの田舎町ならではかも。 その上アクティビティーにもたまに参加してます(笑)。先日は、朝から皆でLunenburgという世界遺産の街に行きました。もちろん、先生の車で。ぎゅうぎゅうに詰めて乗ってドライブするのは楽しかったです。 1ヶ月という短い期間で卒業してしまったのがちょっと悔しいです。また通いたい! と思える学校に出会えてよかった。 ハリファックスはバンクーバーより寒いけどアジア人が少ないし、留学先としてはいいところだと思います。 語学学校が少ないのでじっくり吟味することができます。私はiliをおすすめします!



●[PLI~ トロントキャンパス~]

Naoki写真1 Naoki Tsukamoto
出身地:神奈川県
学生ビザ
Academic Year and Semester 受講
ESLコース、ケンブリッジ検定コース



「先生と生徒の質の高さが魅力!」
「英語を将来の人生に活かしたいなら絶対おすすめ」

Naoki写真2 Naoki写真3


ちびかなださんの紹介でKaplan PLI トロント校に入学し、4ヶ月目に入りました。トロントに着いた頃は右も左もわからず不安な日が続きましたが、Kaplan PLI トロント校の先生やスタッフの皆さんはとても親身に生徒の不安や疑問に答えて下さいり、とても頼りになりました。
Kaplan PLI トロント校では国籍の比率が変重しないように生徒を受け入れており、生徒の比率はヨーロッパ系・南米系・トルコ系・中東系・韓国人・日本人とバリエーション豊かです。日本人は他の人種に比べて少なめで、韓国人の生徒は多少多いように感じますが、他のESLスクールよりは少ないほうだと聞きます。先生のレベルは多くの場合は非常に高く、語学学習に関しては完全に信頼してお任せすることができると思います。また、人間的にもとても魅力的な方が多く、一度レッスンを受ければずっと交流を続けたくなるような先生ばかりです。生徒も多く場合は非常に勉強熱心で紳士的な方が多く、Kaplan PLIなら一生の友人を見つけることも十分可能でしょう。

教材の質も非常によく、テキストと宿題、それに先生の配る補助プリントををこなしていれば文法やリーディング能力は確実に実力は伸びるでしょう。それ以外にも、CBCラジオやコメディ系のDVDを視聴してリスニング能力を伸ばしたり、地下鉄で無料配布している無料新聞のMetorや、読みやすいファンタジー系の本を購入して読むなどもいいと思います。

また、当然学校内での母国語の会話は禁止となっており、母国語を話した場合は厳しいペナルティがあるそうです。とは言え、ロビーでは一部の韓国系の学生から韓国語が聞こえてくることもありますが…。韓国は厳しい学歴社会で学生はみなとても勉強熱心だと勝手に想像していましたが、Kaplan PLI トロント校を見る限りそうでもないかな、という印象です。この点に関しては、日本人の方が勉強熱心だと思います。


●[ILAC]

Junichi写真1 Junichi Iura
出身地:東京都
ワーキングホリデービザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 16週間フルタイム


『70ヶ国から集まる多国籍学校で世界中に友達ができる』

『先生の質が高く、キレイな発音の英語が学べる』

Junichi写真2 junichi写真3



とにかく多国籍な生徒たちがここILACで勉強しています。
夏期にはなんと70ヶ国から1,000人近い学生が集まり、ILACでの英語の勉強を充実したものにさせています。
国際色が豊かなILACでは、アジア・南米・ヨーロッパ・中東と世界中の人達と交流することができ、様々な国の文化を英語を通じて学ぶ事ができます。
沢山の人が英語を勉強する場所に選んでいるILACですが、もちろん皆英語のレベルはバラバラ。ネイティブ並みに話せる学生もいれば、英語を勉強し始めたばかりで全く話せない学生もいます。ILACでは何と17段階に区分けしたレベルで異なったレベルの学生に対応して最適な環境で英語を学ぶ事がで可能です。

そんなマンモス校で働く先生たちも勿論、多くの学生たちを相手にしてきた大ベテラン。
とても親切に分かりやすい表現・発音で根気強く教えてくれます。そして学生が伝えたいことは分かるまで、授業を止めてまで理解しようとしてくれます。
ユーモアがある先生が多く、冗談を交えたり、私生活や家族・友達の話をしてくれるので先生というより友達という感覚でフレンドリーに接してくれます。

またILACの特徴として挙げられるのは何と言ってもアクティビティーの多さです。
月の初めに配られるスケジュール表には、充実したアクティビティーがずらりと並んであり、無料で気軽に参加できるものから、ロッキーマウンテン3泊4日ツアーまで本当に盛り沢山です。
その日に授業で覚えた表現や単語を学校が終わったらアクティビティーで会う友達相手にすぐに使ってみるというのが英語上達のコツだと感じました。

ILACで作ることができた様々な国籍の友達が今の私の宝物です。


●[CSLI]

Yuka写真1 Yuka Sato
出身地:神奈川県
ワーキングホリデービザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 12週間パートタイム


「わかるまでとことん付き合ってくれる」
「できない。どうしよう」の自分から「分からないけどチャレンジしたい」と思えるように

Yuka写真2 Yuka写真3


私がCSLIを選んだ理由はとにかくアクティビティが豊富なところに魅了を感じたからです。
せっかくカナダに来たんだし、色々な場所に行きたい!でもどこに何があるか知らないし、面倒くさがりな私は行く機会を作らないとどこも行かずに帰国することになるかも・・・。
そんなことも考えながらメールでMisaさんに紹介してもらったのがCSLIでした。
CSLIはフライデーアクティビティと言う、毎週金曜日にいくつかあるアクティビティの中からレベルやクラスは関係なく好きなものを選択して参加できます。もちろん授業の一環なので無料で!毎週内容は変わるのでアクティビティが張り出されると休み時間は紙の前が大混雑。私は10月から1月まで通っていたのでアクティビティはハロウィンパーティやBOWENアイランドへハイキングに行ったり、広大な敷地に広がるクリスマスイルミネーションを見に行ったりしました。もちろん学校で勉強するアカデミッククラスや、ピザを作ったりジンジャーブレッドを作るインドアなアクティビティもあり、アウトドア派もインドア派も楽しめる!クラスが関係ないので、自分よりハイレベルな生徒や色々な先生たちと交流することができて常に英語の勉強ができ、友達の輪を広げたりできるところも魅力だと思います。自分のレベルにあった授業を月曜~木曜はしっかりうけて、金曜に色々な人と話してみて今の自分のレベルを知り、刺激されて「また来週から頑張ろう」
とやっていました。私にとってはチャレンジする日でもありました。
あとはとにかく先生がフレンドリーです。ブレイクタイムには一緒にお菓子を食べたり、話をしてくれたりととても親しみやすい先生ばかりです!
CSLIにはクラス別に一か月もっとも頑張った生徒と、学校全体での優秀生徒を表彰するAward and Winnersというのがあります。私は卒業する間際にもらうことができましたが、頑張っていたことをちゃんと見てくれていた先生がいたこと、やってきたことを評価してくれたことが本当に嬉しかったです。
私がいたクラスの先生たちはがつがつした授業はしませんでした。宿題もほとんど出ませんでした。ゲームのように発音やスピーキングの勉強をしたりショートアニメや映画を見ての授業もあります。だから授業はとても楽しいですが、今の自分よりももっと成長したかったら自分から先生にどんどん質問したり、話しかけたりしていきます。宿題も私の分かってないところ、苦手なところを先生はちゃんと分かってくれているので聞くと的確な課題を出してくれました。宿題が欲しいとき、今日は宿題よりとにかく話す、授業の復習をしたいなどCSLIだからこそ自分のペースででき、きちんと私を分かってくれている先生がいるから何でも聞けて、わかるまでとことん付き合ってくれる。ちなみに私はビギナーのクラスでしたが、良い先生に出会えたからこそ「できない。どうしよう」の自分から「分からないけどチャレンジしたい」と思えるようになりました。何でもそうですが、自分次第でどこまででも成長していけるのがCSLIだと思います!!
先生だけじゃなくてフロントスタッフの方もとても親身になってくれたので本当に何度も支えてもらいました。友達もでき、連絡をとりあったり卒業しても食事に行ったりしています!CSLIに感謝と、CSLIに出会わせてくれたMisaさんに大大大感謝です!!!


●[LSI]

Junko写真1 Junko Oka
出身地:石川県
ワーキングホリデービザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 12週間フルタイム


「私にとって、このLSIは理想中の理想でした!」

Junko写真2 Junko写真3


アットホームで、先生や生徒との距離が近くより親密な関係を築きたいと思っていた
私にとって、このLSIは理想中の理想でした!
小規模ということもあり、校長先生や先生一人ひとりはもちろんレセプションの方まで
皆が生徒への気配り、相談に乗ってくれたりとかなり暖かい雰囲気の学校です!
授業内容は(レベルにもよると思いますが)、プレゼンテーションを毎週行ったり、
新聞記事やパソコンを使っての授業等、様々な角度から英語・カナダ・生活に沿った
英語が学習できます。
アクティビティも盛りだくさんで、レストラン・パブ・美術館・スケート・スキー等を
生徒みんなが誘い合って参加をするので、より楽しく英語の勉強もはかどります!
とても助かったのは、そろそろ卒業で仕事探しの際です。色々と相談に乗ってくれたり、
履歴書の添削、仕事探しのワークショップ、更に必要な資格の取得の際にその指導
もしていただきました(この頃は既に卒業していたました。。。)
LSIの先生達は過剰なまでに課題を出したり厳しすぎるルールを決めたりするのでは
なく、生徒の気持ちを向上させて自分から学ぶという意識を持たせてくれる方々です。
バンクーバーにあるたくさんの語学学校の中から、LSIに出会えた事は私にとって
とても幸せな出来事の一つです!



●[Camber College]

Shin写真1 SHIN SASAKI
出身地:福岡県
観光ビザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 8週間パートタイム


「街の皆が当たり前のようにHELLO!」
「ここならではの自然とカナディアンとの8週間!」

Shin写真2 Shin写真3



カナダの「SUNSHINE COAST」とよばれる、バンクーバーから船とバスをつかって約4時間の小さな街、POWELL RIVER。
この場所にCAMBER COLLEGEはあります。街に一つしかない小さな語学学校です。
なぜ、自分がこの場所を選んだかというと、少しでも多くのカナディアンとの交流をする機会がほしかったため。もう一つは、時間がゆっくり流れる場所で自分自身をみつめなおす時間がほしかったため。

学校のクラスは1クラス8人くらいの、ゆっくりした中での授業。個人個人が自分の意見を言うことが出来る環境の中で、ゲームなどもまじえながら、楽しくも普段の生活に必要な英語をみにつけることが出来ました。
放課後のアクティビティーは、大自然ならでは!
学校近くにある湖にウォ-タースポーツをしにいったり、乗馬を楽しんだり、近くのビーチまでいってビーチバレーや、スキューバーダイビングをしたりなど、自然って本当に素晴らしいんだな!って実感できます。
休みの日は皆で、山にハイキングにいったり、近くのトレイルにいって野生の動物達の写真を撮ったり、夜は海辺で流れ星や夜光虫というエメラルドブルーに光るプランクトンを見ることもできます。
自分はパートタイムだったので、午後は、街の人たちと会話をしたり、現地のベースボールチームの人達にまじって野球をしたり、ボランティアで、生活に恵まれない人たちのためにコミュニティーセンターというところで、ご飯を振る舞う手伝いをしたりと、ここでの体験は全部書ききれません。

自分がここで特に感じたのは、学校で習った英語が全てではないということ。
それを練習をしてたくさんの失敗をして、そこから学べる英語って本当に身につくんだな!と思いました。
そして、街の皆が助け合っていて本当に心が通じあえる場所があるということ!
街の人たちとすれちがうと当たり前のようにHELLO!と声をかけあったりして、そこから自然と会話がはじまります。
これって日本では絶対にできない経験だと思います。心も体もときはなたれながら英語を学びたいという方には是非お勧めの場所です!


●[Cambridge Western Academy(CWA)]

Airi写真1 西條 愛莉
出身地:福島県
ワーキングホリデー
General English (ESL)受講
ESLコース: 3ヶ月フルタイム


『クラスが違ってもみんなが友達でとても賑やかな学校』

Airi写真2 Airi写真3



私は、3カ月間CWAに通いました。この学校は、他の学校に比べて規模が小さく、アットホームというより、もはやキンダーガーデン?!(笑)と 思ってしまうくらい、クラスが違ってもみんなが友達でとても賑やかな学校です!(先生にI'm tiredと言わせてしまうくらいの活気ぶりです。。。)クラス分けは10段階あり、自分にあったクラスで勉強することができます。小さい学校なので、アドバンスクラスの学生ともすぐに仲良くなれるので、楽しみながら友達からも英語を学べる点が私にとってすごく良かったです。
そして他の学校と違う点は、、、毎月といっていいほど開かれるパーティー!!学生みんなで、いろんな国の料理を食べたり、ダンスをしたり(音楽はかなり爆音です(笑))、特技を披露したりと、他の学校の友達がうらやむようなイベントが盛りだくさん。毎週水曜日は、先生とバーに飲みに行くというアクティビティー(?)もオススメです。勉強だけでなく、色んな国の友達を作りたい人にはピッタリの学校だと思います。先生もとてもフレンドリーで、いろんな事に相談に乗ってくれます。先生というより、まるで友達のように、接してくれます。

この学校は、私のようなシャイな日本人でも、すぐになじむことができました。卒業した今でも、私の日課は放課後に学校に遊びに行くことです(笑)CWAで是非素敵な思いでとお友達を作ってください。
CWAありがとう☆


●[Global Village]

Taka写真1 小田山 貴史
出身地:千葉県
ワーキングホリデー
General English (ESL)受講
ESLコース: 6ヶ月フルタイム


『充実したスクールライフを送っています』

Taka写真2 Taka写真3


GVに通い始めて、2か月半。たくさんの友達もでき、本当に素敵な先生に出会い、充実したスクールライフを送っています。入学した8月末は、沢山の日本の大学生が夏休みに短期留学のため在籍中。
あれっ?日本人がたくさん??
『日本人が少ない環境=英語を学ぶ一番の環境』 っと思っていた自分は、ショック・・・。

夏が終わると、日本人大学生は日本へ帰国していき、国際色がグンと変わって落ち着いています。
夏休みにあたらないように来られるのがコツ。

『毎日の生活を送っていて気づいたこと』 は、『大切なのは自分のモチベーション!』 っていうこと。
『国籍も本当は関係なく、日本人が多くても、自分がしっかりと英語をしゃべりたいっ!』 という意思を持っている事で、自然と英語環境に触れ合う時間が多くなることだった。
GVは毎日アクティビティーがあり、参加すると上のレベルのイエールタウンキャンパスの学生とも友達になれるチャンスがあります。アクティビティーを通し、クラス以外の友達もたくさんでき、沢山の経験ができることがGVの大きな特徴、アドバンテージです。
現在1~8段階あるレベルの、GV4というレベルで勉強しています。GVはキャンパスが2つあり、1~4がガスタウン、5~8がイエールタウンのキャンパスに別れています。ベテランの先生が個々のスキルに合わせて、課題を出してくれます。また授業は異なる国のペアで、沢山の意見や価値観をぶつけ合い課題を解いたり、ドラマや音楽からイディオムやボキャブラリーを学んだりと、沢山の方法で英語を学んでいます。
とにかくたくさんの友達を作りたい方、高いスキルを持った先生から英語を学びたい方、GVは本当にオススメです!


●[Canadian as a Second Language Instisute(CSLI)]

MikaChiyo写真1 小島 みか & 橋田 千代
出身地:愛媛県
観光ビザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 5週間ハーフタイム


「そしてこの旅で出会えたすべての人に感謝しています‼‼‼」

MikaChiyo写真2 MikaChiyo写真3


3か月の観光で、航空券と住む場所だけ決めて、完全にノープランでカナダにやってきました。その中で、『1か月くらい学校行っとく?』的な感じで、友達造り目的でCSLIに通いました。(笑)
学校はにぎやかな雰囲気で、アクティビティも盛んです。
スタンレーパークやギャスタウン、ウィスラーやリンキャニオン公園など、いろんな所へ行きました♪いろんな国の友達もたくさんできて、休みの日も遊びに行ったり、ホームパーティーを楽しんだり、充実した日々を過ごすことができました。

校内はENGRISH ONLYで、全然勉強しないままカナダにきた私たちなので、うまく言いたいことを伝えるのは難しかったけど、みんな理解しようと真剣に話を聞いてくれたし、わかりやすく話をしてくれたので、コミュニケーションをとることができました。
先生も可愛くて教えるのがとても上手でした♡
授業はゲームをしながらカンバセーションの練習をしたり、実生活ですぐに役に立つことを教えてくれます。買い物やレストランでの対応なども授業で教えてくれました。
クラスは10段階あり、私たちのようなビギナークラスから、ビジネス英語を学べるクラスまで、幅広くあるので、誰でも楽しく学べる学校だと思います。
私たちのカナダライフを充実させてくれた、CSLIで出会ったみんなに、そしてこの旅で出会えたすべての人に感謝しています‼‼‼


●[Sydney English Language Centre(SELC)]

Sakie写真1 Sakie Szuki
出身地:東京都
ワーホリビザ
一般英語、発音矯正、バリスタコース受講
ESL、発音矯正、バリスタコース: 8週間フルタイム


「この学校の良い所は、生徒と先生の距離が近いところ」

「英語が上手くなりたいという気持ちは以前より大きくなってる」

Sakie写真2 Sakie写真3


私は2008年に3か月だけInlinguaで語学留学を経験していてまた同じ学校にするか迷いましたが、せっかくなので違う学校にしてみようと思いアットホームでコンパクトな学校を探していた所、SELCに出会いました。SELCはまだ開校したばかりで丁度、新しい選択授業が始まる時期に入学したのでラッキーでした。私はバリスタコースを受講したのですが、コーヒーの知識だったり、エスプレッソマシーンで実際にコーヒーを作ってみんなでテイスティングしたりして、とてもいい経験になりました。ワーホリでカフェで働きたいと思ってる方にはお勧めです!SELCの授業では文法を間違えたまま使っていると先生だけでなく自分より上のレベルの人も訂正してくれるし、授業ではペアを組んで、お題に沿ってコンバセーションをしたり、ゲームをしながら文法を学ぶ機会もたくさんあったのでスピーキング力が伸びたと思います。
SELCに通ったのはたった2ヶ月だけだったのですが英語が上手くなりたいという気持ちは以前より大きくなってるし、人見知りの性格が少し改善されたと思います。

学校での一番の思い出は、他の国の子と文化の違いを話したり、お互いの母国語の悪い言葉を教えあったりした事もいい思い出ですが、一番の思い出は、学校のスタッフの方に勧められて参加した、カフェで自由にパフォーマンスが出来る”オープンマイク”とゆうイベントで歌えたことです。SELCには先生を含めミュージシャンの方が沢山いたので音楽の勉強もできました:)

とってもアットホームな学校なのでなんでも聞きやすいし、皆さんフレンドリーなので楽しい学校生活を送れました


●[International Language Academy Of Canada(ILAC)]

Mika写真1 藤岡 美香
出身地:兵庫県
学生ビザ
General English(ESL)受講
ESLコース: 3ヶ月フルタイム


「多国籍の環境で自分の苦手分野を学べる」

「かけがえのない友達が出来ました」

Mika写真2 Mika写真3


私がILACを選んだ理由は、国際色豊かでレベルが17段階あると知り自分に合ったレベルで学びたいと思ったからです。

入学すると授業はメインクラスの他、エレクティブクラスがあり私はデイリーイングリッシュを選択しました。この授業は、カフェでのオーダーの仕方・道の尋ね方・友達を遊びに誘う時の決まり文句など、実際の活きた英語を楽しく学ぶことが出来ます。他にもグラマー・ボキャブラリーなど自分が強化したい分野に合わせて選択出来ます。

もっとしっかり学びたい方はパワークラスを追加でき、リスニング・スピーキングを学べます。スピーキングでは2人組になり毎回様々なトピックについて話し合い、自分の間違った話し方を先生が後で説明してくれるので間違いやすいワードにすぐに気付く事が出来ます。

英語をしっかり学べるのはもちろん、私はこの学校でかけがえのない友達が出来ました。先生はとても親切で、私の家探しを手伝ってくださったり時には友達のように身近に感じる事が出来ました。
楽しみつつも、しっかり学びたい方にはお勧めの学校です。ILACで出会った友達、先生方は一生忘れません。ありがとう!




●[Global Village]

Michiko写真1 小野 倫子
出身地:岩手県
ワーキングホリデー
General English(ESL)受講
ESLコース: 3ヶ月フルタイム


「経験が人を成長させてくれる!!」

「せっかくカナダに来たんだから楽しまなきゃ!」

Michikoi写真2 Michiko写真3


国際色豊かでアクティビティが豊富!というフレーズにひかれGVに入学することを決めました。私のクラスは韓国人、スイス人、サウジアラビア人、ブラジル人、台湾人、コロンビア人がいるにぎやかなクラスでした。先生もユニークな先生が多く常に会話をしながらジョークを交えた授業をしてくれるので、毎日楽しく学校に通うことができました。

AMは8レベルに分けられそれぞれの語学力に合わせた総合的な授業を、PMはリスニング、スピーキング、ライティング、発音など…自分の目的に合った授業を1コマまたは2コマ選択することができます。また、日本人のカウンセラーさんがいるので、授業のことだけでなくボランティアなど学校以外の面でも、英語では伝えきれない不安なことまでサポートしてくれます。

そして何といっても、この学校のアクティビティの多さ!!ホッケー観戦、ボーリング、ヨガ、カヤック、パブday、etc…タイミングが合えばカナディアンロッキーやウィスラーにも格安で行けます!プラスみんな参加率が高い!毎月末には学校のパーティーもありナイトクラブでみんなで踊り明かすこともできます!アクティビティでたーくさんの友達ができること間違いなし!!

私はこの3か月英語を学ぶのはもちろん、たくさんの友達と色んな経験をすることができて、GVに入学して本当に良かったなと心から思います。せっかくカナダに来たんだから楽しまなきゃ!英語がしゃべれない人も得意な人も関係なく、同じ経験を通してお互いを高めあっていける、そのきっかけを作ってくれた素敵な学校だと私は思います。




●[Kaplan PLI Vancouver]

Yukiko写真1 藤原 行子
出身地:大阪府
観光ビザ
General English(ESL)受講
ESLコース: 7ヶ月フルタイム


「自分にあったスケジュールで授業が受けられるのが魅力です」

「 私は毎週cooking clubに参加して、心もお腹も満たされています!」

Yukiko写真2 Yukiko写真3


バンクーバーに来て2か月になります。私は今とても楽しく英語を勉強しています。バンクーバーに来る前、社会人をしていたので、語学学校に行ったら若い子達ばっかりやったらどうしよう…と少し不安に思っていました。でもこっちに来てそんな不安は一切なくなりました!PLIは年齢層が幅広く、先生も生徒もとてもフレンドリーで、あっという間に仲良くなれてしまいます。授業はmorning classとafternoon classが選べるので、早起きが苦手な人も安心!!自分にあったスケジュールで授業が受けられるのが魅力です☆もちろん私はafternoon class!学校にはいくつかルールがあり、その中でも授業中の辞書使用禁止には最初びっくりしました。辞書が使えないので、わからないことがあれば先生か友達に聞かないといけません。最初は少し大変かも~って思っていました。でもわからないことをどんどん英語で聞いているうちに、いつの間にか積極的に英語を話すことに慣れて、今はこのスタイルが英語の上達につながっていると感じています。

その他にも料理やカードゲームをしたり、ダウンタウンを散策したりと楽しく英語を学べる授業もあります。 私は毎週cooking clubに参加して、心もお腹も満たされています!

授業後や週末にはもちろんアクティビティがあり、サッカーをしたりパブに行ったり、ロッキーやシアトルにも行けちゃいます。

集中して英語を勉強したい人、いろんな国の人と出会いたい人、自分のスタイルに合わせて授業を選びたい人にはお勧めの学校です!

これからもどんどん友達を作って、バンクーバー生活をいっぱい楽しんでいきまーす!




●[CCEL]

Yuka写真1 小沢 裕香
出身地:岩手県
ワーキングホリデー
General English(ESL)受講
ESLコース: 3ヶ月フルタイム
学校寮 4週間滞在


「私たちは自分の好みのスタイルの先生の授業をみつけて受けています」

「教科書の代わりに自分のノートパソコンでオンラインの教材を使って勉強」

Yuka写真2 Yuka3写真3


CCELの特徴は、生徒の国籍が豊かだということと、自分の好みに合った授業を選ぶことができるということだと思います。

私は日本で留学を考えていたころから語学学校にはアジア人が多いと聞いていたので、せっかくだから色々な国の人に会ってみたいと思いこの学校に通うことに決めました。通い始めてみると、思っていたよりもアラブ系や南アメリカ系の生徒が多いことに驚きました。

この学校のもう一つの特徴としては、午後の選択授業の種類の多さと、午前の授業も自分にあった先生を選ぶことができるということです。午前の授業では、それぞれのレベルを複数の先生が担当していて授業のスタイルもそれぞれ違うので、私たちは自分の好みのスタイルの先生の授業をみつけて受けています。先生と相性が良いと仲良くなってより英語を学びやすい環境をつくることができると思います。午後の授業についても、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングなどのレベルアップを目的として色々なテーマでより楽しく学ぶことができる授業が多くあります。

また、この学校では教科書などの代わりに生徒は自分のノートパソコンでオンラインの教材を使って勉強していて、前のレベルの復習なども簡単にすることができます。

CCELでは自分に合った先生、授業をとおして英語を楽しく学ぶことができるし、他の学校のように放課後のアクティビティーも充実しているので、様々な体験を通していろんな国の友だちをつくることができるので充実した留学生活がおくれると思います。

また、この学校は寮が学校と同じくダウンタウンで学校から徒歩15分程のところにあります。イングリッシュベイやスタンレーパークも近いので、少しでかけると自然にふれることもできます。寮ではみんな同じ学校に通う生徒たちとルームシェアーになるので、学校とおなじくほぼ英語環境です。ときどき寮の仲間や学校の友だちとパーティーなどもあり多国籍の友だちを沢山作ることができると思います。




●[King George International College Surrey Campus]

Mai写真1 増田 真依
出身地:岐阜県
ワーキングホリデー
General English (ESL)受講
ESLコース: 3ヶ月フルタイム


「落ち着いた雰囲気で英語を学べる」

「アットホーム」という言葉がぴったりな場所

Mai写真2 Mai写真3


私がKGICを選んだ理由は、1日4科目、英語をしっかり学べると思ったこと・アクティビテイが充実していることです。
また、サレーキャンパスを選んだ理由は、落ち着いた雰囲気で英語を学べると聞いたことともうひとつは、ただ、自分の経験として、色々な場所に行ってみたかったからです。

入学する前に、場所を確かめに行ったときは、ダウンタウンとの違いにびっくりしました。ダウンタウンのようにショッピングセンターやおしゃれなカフェがなく、本当に静かな、田舎というイメージを受けました。「学校生活楽しめるかな・・?」と、最初は少し不安でした。

でも、入学してみると、キャンパスが小さい分先生や生徒たちとの距離が近く、すぐに友達ができました。各教室には大きな窓があり、快適に勉強できます。まさに、「落ち着いた雰囲気」で勉強したい方にはぴったりの場所です。
先生も生徒もとても愉快で優しく、家族みたいな存在です。「アットホーム」という言葉がぴったりな場所です!!

ダウンタウンも素敵な場所ですが、少し足を伸ばして冒険してみるのも楽しいですよ♪
私はサレーキャンパスのみんなが大好きです!!




●[King George International College]

Rina写真1 尾関 里奈
出身地:愛知県
ワーキングホリデー
General English (ESL)受講
ESLコース: 4ヶ月フルタイム


「KGIC=よくばり英語」

「素敵な先生と仲間との出会いに感謝」

Rina写真2 Rina写真3


KGはELSコースの他にスピーキングとプレゼンテーション集中コースのPMM、ビジネスコースなどコースが豊富です。自分の実力次第でコース変更が可能なので+αの英語を学びたい人にもお勧めです。

私はESLで基礎をみにつけ後にPMMに行きたいと思っています。

ESLの特徴はなんといっても4科目(グラマー、リーディング&ライティング、リスニング、コミュニケーション)に分けられていて、各科目でレベル分けされていることです。

教科で得意不得意があっても、総合評価ではないので自分にあったレベルで授業が受けられるので心配いりません。また各授業でクラスメイトが変わるので出会いがいっぱい 友達をたくさんつくるチャンスです。
アクティビティーも豊富です。

定期的なクイズ、月一回のテスト、授業の参加率などの評価7割以上とれた生徒のみクラスのレベルが上がれます。また宿題もたくさん出されるので、しっかり勉強しなければなりません。

 KGの先生は分からないことも丁寧に分かりやすく、時にはアクションで教えてくれます。
授業にはプレゼンテーションもあります。
リスニングのプレゼンテーション3分間のロールプレイニングで、クラスメイトの発表を聞きとるテストもあります。
先生からのお題は<決められた単語とワードを5つ以上使って、クリエイティブな発表>です。
このプレゼンでいつも高得点を取得出来るようになりました。
英語で先生と生徒を笑わせましょう♪

コミュニケーションでも英会話の他にテーマを与えられて発表したり、グループでのプレゼンもあり、アクティブな授業です。

最初はクラスメイトと自分の差に苦労しましたが、授業でで表彰されました。また頑張るそ!って気持ちにさせてくれました。

素敵な先生と仲間との出会いに感謝




●[Kaplan PLI Vancouver]

Junya写真1 平田 隼也
出身地:長崎県
観光ビザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 2ヶ月フルタイム


「徹底的に英語を勉強したい!!!」

「自律して学習できる人にはたまらない環境」

Junya写真2 Junya写真3


他校と同じく母国語禁止はもちろん、ある程度のレベルになると授業もゆっくり話してはくれません。宿題の量も多く、毎週月曜日には確認テストがあります。生徒は約10人/クラスで、ヨーロッパ、ブラジル、サウジアラビア、韓国からの留学生が多く、比較的日本人は少なめですが基礎のできた人が多いです。生徒の年齢層は10代から60代までおり、社会人でしっかり目的を持って留学している生徒や、大学生で将来を見据えて留学している生徒も多いため、お互い切磋琢磨し新しい価値観を共有することができます。私のような社会人留学生には、落ち着いて勉強できなおかつ若い人と楽しく刺激を受けながら勉強できる非常に魅力的な環境です。

<私のコースの場合>
General English (2コマ/日) ・・・ 文法の授業ですが、生徒間や先生とディスカッションをする時間がとても多いです。文法に絡めたテーマから日常の事まで、ただ聞いているだけの授業ではないので、毎日退屈しません。
Speaking and Listening (1コマ/日) ・・・ 自分の重点項目に合わせてWriting and Readingを選ぶこともできます。正確な発音はもちろん、映画やTVドラマを題材にすることが多いので同時に文化やジョークも教えてくれ、かなり楽しめる授業です。
Study Club (3コマ以内/週) ・・・ 会話、ディベート、バンクーバー探索(実際に様々な場所へ行く)、ゲーム(ゲーム内の英語が題材)、音楽、Q&A、ライティング、リスニング、ニュース、料理(実際に簡単な料理をします)・・・さまざまなテーマに合わせて英語を勉強します。いろいろなクラブを自分で選択して授業を受けるため、いろんなレベルの人と一緒に勉強でき、本当に刺激的!最上位レベルクラスの人とのディベートは冷や汗ダラダラになること間違いなし!
PLA (自主学習) ・・・ 様々な項目から自分で好きなものを選択し学習し、提出すると丁寧に添削してもらえます。例えば、エッセイ(母国の教育について)や街頭インタビュー(カナダ文化について)、文法問題、新聞からひとつ記事を選び纏めるなど。質問したいことがあればStudy ClubのQ&Aでしっかり質問することもできます。
Activity (イベント) ・・・ 毎週木曜のPub Night、ロッキーマウンテンツアーやシアトルツアー、写真コンテスト、サッカー大会、食事会など毎日何らからのアクティビティーがあります。いろんな人と友達になる絶好のチャンス!

各授業でメンバーが変わるため、様々な生徒と出会えるチャンスがあります。自分で考えて授業スケジュールを組みたい人、いろんな人と一緒に勉強したい人、自律して学習できる人にはたまらない環境です。





●[PGIC Vancouver]

Tom写真1 上野 勉 (Tom)
出身地:東京都
観光ビザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 3ヶ月フルタイム


「やっぱり英語を話せるようになりたい」

Tom写真2 Tom写真3


大学を5年間過ごし、いろんな経験をする中でやっぱりどこか心残りのことがあった。

「やっぱり英語を話せるようになりたい」

Chibiのカウンセリングの中で、MisaさんからPGIC Vancouverは「English Only Policy」「Canadian Conversation Class」「Talking Contest」が有名ということを聞きここに決定。English Onlyで母国語を喋ると退学!なんて聞いたものだから、 正直ビクビクしながら学校へ行きました。

初日のオリエンテーションでカウンセラーが開口一番「English Only Policy はあなたたちを守るためにあります。」「せっかく高額のお金を払っているのだから、余すところなく英語を学びなさい。」この言葉でスイッチが入りました。

いざ学校が始まるとEnglish Onlyなんて当たり前、クラスには韓国人、台湾人、ブラジル人、サウジアラビア人、、、英語を使わないとコミュニケーションが取れない!最初は慣れない英語に戸惑い、言葉が出ない悔しさにうずうず。一日8時間英語漬けでさすがに初日は頭が痛くなりました。けれど少し発つと次第と頭が英語脳に!!これには自分でも驚きました。

学校は午前中のMorning Classと午後の選択授業の二部構成。朝は語学レベルごとに7段階のクラスに別れて10〜15人程で文法や単語についてのレッスン。単語を学ぶのもチーム戦や椅子取りゲーム形式など様々なアクティビティを使って学ぶため、楽しくそして色濃く覚えられました。

午後はスピーキング、文法、発音、ビジネス英語、TOEIC、ホスピタリティ英語、そして映画など様々なクラスから選択できるため、自分に合った授業で無駄なく学べるのも魅力的でした。

そして授業後に無料で受けられる Canadian Conversation Class(CCC)とワークショップが魅力的!授業後に任意で受けられるCCCは、ネイティブスピーカーと少人数でカフェやビーチで日常会話!!授業では習わない日常会話が学べて、まるでネイティブのような言い回しを学ぶことができました!!!





●[EC Vancouver]

Yuki写真1 渡邉 幸恵
出身地:福島県
ワーホリビザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 3ヶ月フルタイム


「会話だけでなく英語で説明する力が付きました」

Yuki写真2 Yuki写真3


私は何か所トライアルレッスンを受け、見学をしてEC Vancouverに通うことに決めました。私が学校選びの条件にしていたことは国際色の豊かな学校であること、カリキュラムがしっかりしていて、授業で話す機会が多いことでした。その条件はもちろんの事、この学校はダウンタウンの中心にありアクセスも良く、新しく改装したばかりなので設備がとても綺麗で整っていた点も気に入りました。

実際私が入ったクラスはスイス、ブラジル、トルコ、韓国、、サウジアラビアなど様々な国から来た生徒が集まっていました。授業ではライティング、スピーキング、グラマー、リスニングごとにレベル分けはされていませんが、同時にバランスよく学べるようカリキュラムが組まれており、私には合っていました。また自分の国についての文化や教育、問題についてプレゼンする授業があり,会話だけでなく英語で説明する力が付きました。また他の国の文化の違いや、学生の考えを知るのはとても興味深くとても刺激を受けました。

 

また授業以外でもアクティビティーが豊富で友達と映画を見に行ったり、パーティにいったり、スノーボードをしに行ったり実際に英語を使う機会にもなり、多くの友達もできました。彼らといつか旅行に行くときお互いの国を案内するという計画も立てています。

私はこの学校に通って先生や友達からたくさんの事を学び、経験出来ました。国際色豊かな学校で学びたい人、話す機会が多い学校がいいという人にEC Vancouverをおすすめします!!





●[アイ・エル・エス・シー(ILSC)]

ライアン写真1 薄衣 遼
出身地:千葉県
ワーホリビザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 4ヶ月パートタイム


「留学した事のない人達に自慢してやろう」

ライアン写真2 ライアン写真3


俺がILSCに決めた理由は、まず、ILSCの特色として色んな人種の人達がいて、ただ単に英語を学ぶだけでなく、色んな人種のコネクションが増え、さらに色んな文化が見る事が出来て、まるで世界の縮図みたいな感覚を味わえると思ったからです。そして、学校自体がデカい‼‼‼‼‼‼ダウンタウンだけでも数ヵ所キャンパスがあったり、さらにトロント等にも校舎があるので、もし、トロントに移りたい場合でも編入できます。日本人のサポーターもいるので英語が苦手な人でも安心‼‼

授業も日本みたいにただノートに取るだけでなく、会話を楽しんだり、時には外に出てクラスメートと運動したり、ショッピングしたりと愉快に英語が学べます☆★

週末などのアクティビティ等も豊富にあり、参加すればちょっと安く様々なアクティビティも楽しめたりする。などの特色があり、自分の考えにぴったりと思いILSCに決めました。

実際に入ってみれば、自分の思い描いていた通り、楽しく授業を受け、色んな人種の人達と仲良くなったり、自分のバンクーバーライフでかけがえの無い、貴重な時間を得る事が出来ています。あと、2か月で卒業と思うと、ちょっと切なくなります。残りの2ヶ月、全力で英語を学び、全力で楽しんで、留学した事のない人達に自慢してやろうと思います。





●[Pacific Language Instisute](PLI)

まきよ/PLI写真1 廣瀬 真紀代
出身地:大阪府
ワーホリビザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 6ヶ月フルタイム


「少しでも落ち着いた雰囲気の中で勉強がしたい」

英語を話すことが楽しくなってきました

PLIを選んで本当に良かった。

まきよ/PLI写真2 まきよ/PLI写真3


なぜ私がPLIを選んだかというと、学校の中ではEnglish onlyであること、国籍の制限があること、生徒の年齢層が比較的高く落ち着いている学校であるという理由からでした。私は一度社会に出てから留学をしたため、あまり若くはありません。語学学校は若い人が多いということを聞いていたので、少しでも落ち着いた雰囲気の中で勉強がしたいと思い選びました。また、2010年の日本人が選ぶ世界の語学学校の第4位に選ばれており、全くと言っていいほど英語ができなかったので、しっかり勉強するためにも質の高い学校に決めました。

国籍は、韓国、ブラジル、スイス、サウジアラビア、シリア、コロンビア、メキシコ、フランス、中国、台湾、ロシアなど多国籍に富んでいて、それぞれの訛りなどがありますが、友だちと話すことで気づかされることもありました。先生も国ごとに不得意な発音をよく理解していてよく説明してくれました。自分の苦手部分はもちろんですが、他国の友だちの苦手部分を聞くことで、母国語にない音を発音することがこんなに大変なものなんだということを実感しました。

学校のルールは少し厳しく、学校内で母国語を話すとその日24時間学校に出入り禁止で授業を受けられません。実際に私の友だちが先生に出入り禁止と言われ、すぐに外に出されていました。遅刻や欠席も厳しく遅刻は授業始まって10分後までしか入室できないほどしっかりと規制されています。2か月ごとにあるレベルテストで、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの点数が出されます。この結果によってクラスのレベルを上がることができ、授業の選択肢が増え、自分の受けたい授業の幅が広がります。テストはとても緊張しますが、2か月ごとに必ず点数が上がっていったので、自分の成長が数字で見ることができてとてもいい経験でした。

私は、ビジネスコースも1カ月ほどとりましたが、世界の経済や世界で有名な会社の経済状況、経済戦略などを比較し、2週間に1度グループでプレゼンテーションをする機会がありました。先生はプレゼンテーションン中に、おかしかった文章や発音などを一人一人にメモをして渡してくれました。人前で英語で発表することはとても難しく、正直苦痛でしたが、今思えばいい経験だったなと思います。

こんな校則が厳しく、授業の内容も濃く、宿題もほぼ毎日あるような学校ですが、本当に英語を勉強したいと思っている人には、とてもいい学校ではないかなと思います。 授業が終われば、クラスの友だちとそれぞれの国の料理を食べに行ったり、休日に観光をしたり、楽しいこともいっぱいです。今では先生とも仲良くなり、卒業した今でも連絡を取り合う関係です。私は、PLIで先生や今の友だちに出会ったことを本当に感謝しています。PLIを選んで本当に良かったと思います。





●[インリングア(inlingua)]

鈴木 瑞絵
出身地:神奈川県
観光ビザ
一般英語コース(ESL)受講
ESLコース: 6ヶ月セミフルタイム


「友達以上に話せる先生が出来た」

先生も色々な個性の先生がいてとても楽しい

スピーキングを上げたい人は是非!


私がInlinguaに決めた理由。

それはちびかなだとの出会いが第一だった。最初は他の学校を考えていたけれど説明会に来ていたInlinguaの日本人カウンセラーさんにお話を伺って、こっちも良いかも知れない、と思い始めたのがきっかけでした。

ここの学校の最大のポイントはスピーキング重視の学校であるということ。その名の通りレッスン中は沢山喋る機会がある。先生や場合によっては自ら喋っていかないとあまり自分の為にならないので、普段から喋る方正確ではない自分にとっては最初はかなり無理やりで大変だったけど今は喋れる様になりました。 静かにコツコツと授業を受けたいタイプの人には適さないかも知れないけど、「とにかく喋りたい!スピーキング力を伸ばしたい!」という気持ちが少しでもあるのならこの学校はとにかく喋る機会が沢山あるのでお勧めです。

クラスメイトはアジアン系(コリアン、サウジアラビア、台湾、日本人)が多く、台湾人は人懐こくフレンドリーで社交的。韓国人は少々同じ国の人同士で固まりがちだけど明るく楽しい人が大半。サウジーはとにかくにぎやか。良い意味でも悪い意味でも。他は陽気な南アメリカからスイス、イタリア、同じカナダでもモントリオール(言語がフレンチであるため)から来ている生徒もいて、国籍が豊かな環境な点もポイントが高いです。

あと月に1度プレゼンテーションをするルールになっていて、時間は先生やレベルによっても違うけれど大体10分程度。レベルが上がると月に2度になるので結構タフさが身に付きます。先生も色々な個性の先生がいてとても楽しい。ギターを教えてくれる先生がいたり、友達以上に話せる先生が出来たりなど、先生を恐れなければフレンドリーに接してくれて今の私にとっては先生と喋る方が楽しいです。

学校では様々なアクティビティーのプログラムが毎月組まれていて、好きなプログラムに好きな時に参加することが出来るのでトライしたいことがあればやってみる価値あり。無料のものもあるのでガンガンやってみて思い出作りするのも良し。

そして個人的には一番好きなイベントがこれ。毎週金曜日に卒業式とその週に頑張った人にスターバックスのコーヒーカードを贈るという習慣があって先生たちはその頑張った生徒をただ単に名前を呼ぶだけではなく、その生徒の紹介込みで名前を呼んでくれるので毎週金曜日はドキドキしています。5-9月にかけては月に一度graduation partyという名のアクティビティーがあり、キツラノもしくはスタンレーパークのビーチに行きます。その日ばかりはレベル関係なく生徒が集まるので普段違うキャンパスの生徒達と知り合うきっかけにもなるので参加するのをお勧めします。

とにかくInlinguaは喋りたい人向けの学校なので少しでもスピーキングを上げたい人は是非!





●[Tamwood International College]

ちびかなだ語学留学体験談/tamwood 神門 利典
出身地:島根県
ワーキングホリデービザ

General English (ESL)受講
ESLコース: 3ヶ月フルタイム


「色々な言語圏の人と話す機会は本当に多かった!」

僕がTamwoodを選んだ理由は、

・多国籍な学校であること
・仕事を紹介してくれるプログラムがあること



実際学校には、、南米系からヨーロッパ系まで色々な国籍の人がいて、ヨーロッパ系ではベルギーの子と友達になる機会も多かったです。

色々な言語圏の人と話す機会は本当に多かったですし、色々な文化や考え方にも触れられる機会もたくさんありました。ラウンジにビリヤード台があるのでそこでビリヤードしながら、フランス語訛りの英語とかブラジル訛りの英語とかメキシコ訛りの英語とか色々な英語に触れれました。僕はちょうど中間のクラスだったんですけど、3ヶ月間楽しく過ごすことが出来ました。

あと、折角ワーキングホリデーで来ているので、英語環境の現地のお店で働いてみたいという希望もあったので、タムウッドのCOOP-PROGRAMを取りました。ここでレジュメの書き方とか面接の受け方とかレクチャーを受けて、お店の面接に行くんですが、初めての英語での面接は緊張して、実は最初のお店で不採用になってしまったんです。その後、コーディネーターのスタッフや日本人のスタッフの人ともう一回相談して、レジュメから面接の受け方などもう一度練習して、次のお店にトライした結果、採用になりました。

このようなシステムを持っている学校なので、仕事のことも聞けたりと色々と情報がもらいやすい学校で僕には目的にあった学校でした。





●[Canadian as a Second Language Instisute](CSLI)

服部 有希子
学生ビザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 6ヶ月フルタイム


「バンクーバー生活を楽しみながら英語を学ぶ!」

CSLIはアットホームな学校です。

アクティビティーも豊富なので、バンクーバー生活を楽しみながら英語を学びたい人には、とてもいい学校だと思います。


ゆきこ/CSLI写真 ゆきこ/CSLI写真2


1週間単位で入学ができるので、短期間の留学を考えている人にも最適だと思います。

カンバセーションクラスは、日常会話を中心に、リスニング、ライティング、文法を学びます。1クラス10人前後で、夏の時期はとてもたくさんの学生が集まってきます。10月くらいから生徒の数が減り、冬の時期は、生徒がとても少なくなります。レッスンスタイルは、色々なゲームを取り込んだり、とてもエキサイティングでき、ビデオを見て、イディオムなどの確認をしたり、楽しみながら授業が受けられるのが良かったです。アカデミックのクラスは、ボキャブラリー、リスニング、ライティングが学べ、特にディクテーションは、先生のスピーチの早さに驚かされます。先生たちは、とてもフレンドリーで、休憩時間は、ラウンジでビンゴゲーム、マシュマロほうばり競争など、いろいろなゲームで先生たちが楽しませてくれます。宿題は、ほとんど毎日でて、放課後にラウンジでしていました。

木曜日のアフタースクールは、Japanese、Korean、Mexican、German・・・など食事会がありいろんな国の文化や味も楽しむことができて、毎週金曜日は、アクティビティの日になっています。ウィスラーツアー、UBCツアー、ハイキング、美術館巡り、夏の時期は、ベースボール観戦ツアー、アイスクリームツアー、ハロウィンの時期には、コスチューム作り、冬の時期は、カーリングやアイススケート、クリスマスのイルミネーションツアーなど、沢山の無料アクティビティがあります。

クラス・レベル関係なく自由参加できるので、たくさんの友達を作ることができてとても楽しかったです。ハイキングが好きな私は、色々なところに行くことができ、とても楽しく6ヵ月を過ごすことができました。

 





●[Global Village English Centres](GV)

ともこ/GV写真1 神田 朋子
出身地:長野県
学生ビザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 6ヶ月フルタイム


「GVには可能性がたくさん!!」

私の語学学校のこだわりは、「国際色豊かな環境の中で、しっかり英語が学べる学校」という2つでした。

GVには、その2つ以上のものがありました。

ともこ/GV写真2 ともこ/GV写真3


入学当日のレベル分けテストで、8つあるレベルのうち、私はレベル4のクラスに配属されました。GVには2つ校舎があり、レベル1~3まではガスタウンの校舎、レベル4~8はイエールタウンの校舎とレベルによって校舎も分けられます。そして、私は高い方のレベルの校舎に配属されたので、最初は自分でも驚きのスタートでした。しかし、クラスが始まってみると、自分への驚きから周りの生徒のレベルの高さへの驚きに変わりました。

私のクラスには、スペイン人、スイス人、フランス人、コロンビア人、韓国人、日本人の生徒がそれぞれ2~3人ずつ程いて、その中でも特にスペイン人の生徒は、授業の中で次々に発言、質問を先生に投げかけます。それをどんどん吸収していくのが一緒に勉強していて感じました。そんな友達に学ぶ姿勢を刺激され、私も負けてはいられないと、1,2週間すると競って発言していました。授業では、文法から日常で使う会話表現、生徒が多く間違えて使う表現など、英語を口に出し、話せるようになることを目指して学んでいきます。授業の中でいろんな場面において会話する機会をたくさん与えられるので、自然と自分が使える英語表現を増やしていくことができました。

さらに授業の中で感じた事は、先生が生徒一人一人のレベル、長所、短所をしっかり見極めて課題を与えてくれる事です。少し難しい課題でも一人で解決させず、2人ペアで活動させ、わからないところはお互いに質問しあい問題を解いていったり、時にはクラスでゲームをしながら英語を学んでいったり。午前のクラス、午後のクラスと先生は異なりますが、私が受けたどのクラス、どの先生も私にとってとても刺激的で、楽しんで英語を勉強することができました。GVのスクールアクティビティは、いろんな行事が毎日放課後や週末に行われ、机に向かっての勉強だけでなく、カナダを思いっきり楽しむことができます。友達とアイスホッケーを見に行ったり、ウィスラーにスノーボードをしに出かけたり、そこで自然と友達の輪を広げることもできました。GVに7ヶ月半通ってみて思う事は、自分のいろんな可能性を試すチャンスをたくさん与えてくれる学校だなということです。

英語の能力を伸ばす事はもちろん、それを使って友達を作ったり、いろんなところに旅行に出かけたり。生徒がカナダでやってみたいと思う事をどんどん提案し、応援してくれる学校だと思います。英語を教えてくれるプロがいて、生徒を楽しませてくれる行事があり、ガイドがいて、生徒を精神面からもサポートしてくれる雰囲気がGVにはありました。

私はGVに長い間通って出会った先生、友達からいろんな刺激、たくさんのことを学びました。その機会を与えてくれたGVに本当に感謝しています!!






●[PGIC Vancouver]

ゆうのすけ/PGIC写真2 上原 友之介
出身地:兵庫県
ワーキングホリデービザ

General English (ESL)受講
ESLコース: 6ヶ月フルタイム


「PGIC Vancouver愛してます・・・」

僕がPGIC Vancouverに行こうと決めた理由は、英語をしっかり勉強したいという単純なものでした。
実際、数校のトライアルレッスンを受けて回って、カリキュラム・英語環境の徹底等を比較して、最終的に2校まで絞り、

自分の直感でPGIC Vancouverに決めました。

ゆうのすけ/PGIC写真1 ゆうのすけ/PGIC写真3


入学初日の最初のレベル分けテストでは、ベラベラ喋ったつもりが、1番下からのスタート。

正直不満を持ってのスタートでしたが、授業が始まってみると、そのテストでいかに自分の英語力をしっかり見られていたかを知りました。  授業内容的には、午前のクラスでは、習った文法を使って会話をする授業が中心で、前から知っている文法でも、いざ使うとなると、なかなか口から出てこないことがあり最初の頃は、特に大変でした。午前中は文法を習ってそれを使って話すということが中心で、すでに理解していた文法でもいざ使って話してみようとするとなかなか難しく、最初の頃は大変でした。

午後のクラスでは、僕はPower listening、Discussion、Common error、Presentationのクラスを選択していましたが、どのクラスも共通して言えるのは、街に出てすぐに使える表現、間違えやすい文法等を、分かりやすく楽しく教えてもらいました。日本人の弱点に対するプログラムでは、学長の話を聞くことができて、英語の勉強の仕方、日本人とカナダ人の考え方の違い、そして英語の話だけに囚われず、色々な事を教えていただきました。参加自由のWork Shop、特にCCC(Canadian Conversation Club)には、PGIC Vancouver に通われる方にはぜひ参加してほしいです。

今、感じることは、厳しくて有名と聞いて、ビクビクして入学したものの、厳しいというよりも、生徒全体の英語の勉強に対する姿勢が高いということ。先生方の教えが本当によかったから、自分の英語の伸びを自分で実感できたことです。一生付き合っていける友達に出会え、そんなこんなで、最初の一ヶ月だけ様子をみようと思っていたら、気づいたらPGICの勉強する雰囲気の中、6ヵ月も通っていました。





●[Language Studies International](LSI)

じゅんこ/LSI写真1永田 順子
出身地:福岡県
ワーキングホリデービザ
General English (ESL)受講
ESLコース: 5ヶ月パートタイム


「笑顔が絶えない、素敵な学校」

より自然で正しい学び方で習得する

LSIはとてもフレンドリーで居心地も最高です。


じゅんこ/LSI写真2 じゅんこ/LSI写真3


LSIはとてもフレンドリーで居心地が良い学校です。先生と生徒の距離が近く、生徒同士もすぐに顔見知りになります。休み時間に知らない生徒同士が声をかけて仲良くなる、なんてこともしょっちゅうです。また国際色が豊かなことも特徴のひとつだと思います。ほかの学校に比べてヨーロッパからの生徒が非常に多いようです。私以外のクラスメイト全員がヨーロピアンということもありました。スクールアクティビティーも盛んで、夏の時間は週に1回先生や学校のスタッフも交えてみんなでイングリッシュベイに行き、スポーツやおしゃべりをするのが習慣となっていました。授業に関してですが、教科書とワークブックを使って週ごとに一つの文法をじっくりと学びます。学び終えた後は理解力チェックのために小テストをします。何がテーマなのか、何を学ぶのかが鮮明なので、しっかりと身につけることができます。文法だけでなく、会話に発展させるので、より自然で正しい学び方を学べます。時にはクイズやゲームを取り入れ、しっかり半分、楽しみ半分、で全てがちょうどよかったです。

みんなが仲良しでフレンドリー、笑顔が絶えない、コミュニケーションの楽しさを教えてくれる、そんな素敵な学校です。精神面も勉強面も学ぶことの多いLSIでの5ヶ月でした。卒業してからもランチを食べに行ったり、友達に会いに行ったりと気軽に遊びに行ける場所です。誰かが卒業する際には仲の良い先生も誘ってゴハンを食べに行くことが多く、先生と生徒の壁がなく、心地よい雰囲気で何事も楽しめます。

韓国人の友達がある病気で入院することになり、私は彼女ととても親しかったので、学校と彼女の間に立って情報のやり取りをしていたのですが、彼女への迅速丁寧なケア(カードにメッセージを書いたり、お見舞いに行ったり)はもちろん、私に対しても気遣ってくれてものすごい温かさを感じました。あの時先生方がかけてくださった言葉は今でもハッキリと覚えています。
この学校で出会った友達は本当にいい人たちばかりで今でも交流が続いています。今年の夏にはスイスの友達が日本に遊びに来る予定です。また、日本の友達とは、みんなで韓国に友達巡りの旅をしにいこうと計画しています。