日本の役所での手続き

長期で海外に滞在する時に必要な、日本での役所での手続きをまとめました。
以下の全ての手続きは近くの役所でできるので市役所などで聞いてみてください。

手続き 説明
海外転出届 1年以上留学する際には、市区町村にて住民票を海外に移す必要があります。転出先は国名、詳しくて都市名までで十分です。住民票を海外に移すと、国民健康保険や住民税を払う義務がなくなるので、長期留学の方は忘れずに行いましょう。
国民年金 海外に住民票を移すか、住所はそのままで国民年金保険料の免除の申請、または学生納付特例制度を使う等の手続きをすれば、国民年金保険料を払わないことも可能です。
引き続き加入する場合は、国民年金への自動引き落としの手続きをしていくか、年金支払い代行人を立てると良いでしょう。
詳しくは各市区町村の窓口か社会保険事務所にお問い合わせください。
国民保険 日本国内に住所がある場合には強制加入となりますのが、市区町村に海外転出届を出したときは、国民健康保険に加入する必要がありません。
転出届を出さなければ、強制加入となり、支払い義務が生じます。海外渡航の際には、日本の保険は適用されないため、必ず民間の海外旅行傷害保険にご加入下さい。
保険についてはこちらを参考にしてみて下さい。
住民税 住民税は、1月1日現在住所がある市区町村で前年の所得に応じて課税されます。
住民票を海外へ移し(海外転出届)、来年の1月1日に国内に住所がない場合には、その年の分の住民税を払う必要はありませんが、出国前に、今年分の税金については納付しないといけません。
転出届けを出さないと、留学中の期間も住民税は課税されます。