住むところの探し方

カナダに長期滞在する時に考えなければならないのは住むところの確保です。

カナダに留学でいらっしゃる場合、基本的な長期の滞在方法は以下の3種類です。

  • ホームステイ
  • 語学学校などの寮
  • ルームシェア

以下にそれぞれの特徴と探し方をご紹介します。


ホームステイ

留学生の方の滞在方法で一番多いのがホームステイです。
学生として留学される方は、学校に通学されている間は自炊するにも時間がなかったり大変だと言われる方が多いので、3食付のホームステイの方が全体的に節約になってよいとは言われています。
また、ご飯はホームステイによって、毎日一緒に御飯を食べる家庭や、食事は個別に取る家庭など様々です。

留学生方は学校に通う期間や、カナダに慣れるまでの最初の数ヶ月はホームステイし、その後、ワーホリなどの方は働く場所の近くのシェアハウスに移り住む方が多いですが、留学期間中ずっとホームステイし続ける方も多くなっています。

ホームステイ先の探し方は、大きく分けて「ちびかなだ」などの「留学エージェントで紹介しているもの」と、「学校が紹介しているもの」があります。

ただ、稀に非常に高いホームステイ料金や非常に高い紹介料を請求するところがあるので気を付ける必要があります。


語学学校などの寮

寮を希望する場合、学校の申し込みとセットで行うことが基本となりますが、最近では寮を持っている学校も非常に少なくなっていて、寮のある学校が限られてしまいます。
そのため、寮を希望の方は最初からそういった条件で学校を探す必要があります。
もし、学校をより細かい希望に合わせて選びたいという方は、ホームステイやシェアハウスを選ばれています。


ルームシェア

ルームシェアについては、費用面で見ると、ホームステイに比べ、ルームシェアの方が家賃そのものは安くなるので、ワーキングホリデーなどで飲食店のような食事がついてくるアルバイトをされる方などにとっては節約になってよいと言われています。
ただ、飲食店以外の場所で働いている場合は、3食自炊もしくは外食になるためホームステイのほうが結局安上がりになる場合も多いようです。

自炊が好きな方や料理が好きな方などは、学校に通学されている間からルームシェアされて節約されている方もおられますが、みなさんが日本に帰国されたり、シェアハウスを退去する際に、次に入居する引継ぎの方を探さないといけなかったりと、手続きがうまく行かずトラブルになってしまうということもあるので、そういった面を考えると、短期留学の方は、ホームステイに滞在される方が多くはなっています。
また、同じお家に住んでいても生活スタイルが違うことでおうちで顔を合わせることがないということもよくあるので、おうちでも英語に触れていたいという方には、ホームステイの方が、より満足する方が多いようです。

ただ他の2つとは違い、住む場所を自分で選べることや、生活の自由度がホームステイや寮より上がる為、長期留学でカナダに慣れた方や、働き始めてアルバイト先の近くに住みたい場合などにはとても便利です。

探し方としては、知り合いがシェアメイトを募集していたり、他の場所に移り住む時に、後任を探していたりといった、知り合い伝いのものと、craigslist(クレイグスリスト)ルームシェア掲示板(Vancouver)などで探すのが一般的になっています。