お金の持ち込み方と管理方法

お金の持ち込み方

現地へのお金の持ち込み方については、現地に来られている留学生のみなさんは、日本円の現金やトラベラーズチェックに分けて持ってこられています。
日本円の現金を持ってこられる場合は、現地のレートの良い両替所で両替していただくことが出来ますし、カナダドルのトラベラーズチェックを持ってこられる場合は、口座開設をされる際にそのまま入金していただくことが可能で、そういった面でも便利なのでみなさん安心されています。

両替に関しては、一番手数料が安くて良いのは、「日本円の現金で持ってきて現地で両替する」という方法ですが、その場合、皆さんに来られる時期に円安になっている可能性もあるので、現在のレートを利用したいという場合には、今のうちにカナダドルのトラベラーズチェックに替えておくと言う方法が良いと思います。
その他の方法も含めて、一般的な持ち込み方法を以下に紹介しておきます。

持ち込み方法 特徴
日本円を現金で持ち込む 現地のレートの良い両替所で両替することが出来る。
手数料等を含めて一番安くすむ。
紛失や盗難された場合、まず返ってこない。
トラベラーズチェックで持ち込む 紛失、盗難にあっても再発行が可能。
現地で口座を開設した際にそのまま預けられる。
買い物の際はお釣りを現金で受け取れる。
トラベラーズチェックを作る時に手数料が掛かる。
国際キャッシュカードを使う 日本の銀行に預けたまま、カナダのATMで引き出すことが出来る。
一度に引き出せる限度額がある。
引き出す度に手数料がかかり、為替のレートも変化する。
旅行などの場合は便利だが、長期滞在の場合は手数料等で高く付く。
現地の銀行を開設して、送金する 日本側と現地側で手数料がかかり、また送金に時間が掛かる。
日本側で口座で海外振り込み先として登録しておく必要がある場合が多く、多くの場合、日本から親族の方などに手続きなどをお願いする必要がある。


お金の管理方法

国際キャッシュカードを使用する

日本の銀行のキャッシュカードに以下のマークが有る場合、国際キャッシュカードとしてそれぞれのマークの付いたATMで使用することが出来ます。

plusマーク cirrusマーク

実際現地に来られている生徒さんの中には、シティバンクや日本の銀行の国際キャッシュカードなどで引き出しをされている方もいますが、レートが悪かったり、引き出し手数料がかかったり、また、一度に引き出せる額に限度があるなどで、実際に使われている生徒さんは、不便だといっています。

旅行などに行かれる場合だと現地でお金を下ろすことが出来るので便利だと思いますが、やはり長期滞在の場合は、現地の銀行口座で管理されるのが、便利で安心だと思います。

現地で銀行口座を開設する

バンクーバーでの口座開設については、手続きも簡単で日本語で手続き可能なので、現地にワーキングホリデーなど長期で来られる生徒さんは、みなさん現地の口座を開設して、現地でお金の管理をされています。

また、現地でお仕事された場合などのお給料は、振込みではなく、基本的に小切手で渡されることがほとんどで、現地に口座を持っていない方は、その小切手をみなさんの口座へ入金することも換金することもできないので、ワーキングホリデーでこられる方はみなさん、現地で口座を開設されています。

現地の銀行カードを持っていると、買い物の際にデビッド機能が利用できたりもするので、持っておかれるとかなり便利だと思います。